目次へ戻る

トヨタ RAV4(ラヴフォー)新型 評価・価格・中古車価格・燃費ほか最新情報

トヨタ RAV4(ラヴフォー)新型 評価・価格・中古車価格・燃費ほか最新情報

2019年4月10日より発売されたトヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。本記事ではトヨタのRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!【8月14日更新】


【2019年4月 日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

トヨタRAV4新型(米国仕様)

2019年春頃に日本発売が予想されている、トヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4の最新情報をまとめてご紹介します。

RAV4の過去記事はこちらから

トヨタのRAV4新型 日本発売日は4月10日

RAV4新型は、2019年4月10日より絶賛発売中です。

トヨタ RAV4新型 最新!エクステリア画像

トヨタRAV4新型(米国仕様)

トヨタRAV4新型(米国仕様)

トヨタRAV4新型(米国仕様)

トヨタRAV4新型(米国仕様)

エクステリアは、TNGAの思想に基づくプラットフォームの採用により、ボディのワイドスタンス化やタイヤの大径化(19インチ)のほか、最低地上高を現行型よりも高くし、SUVらしい力強いスタイリングを追求する。ボディサイズは、全長4595mm、全幅1855mm、全高1700mm、ホイールベース2690mm。現行比で全長と全高は5mm小さくなり、全幅は10mmワイド、ホイールベースは30mm長い。

トヨタ RAV4新型 最新!インテリア画像

トヨタRAV4新型(米国仕様)

トヨタRAV4新型(米国仕様)

トヨタRAV4新型(米国仕様)

トヨタRAV4新型(米国仕様)

インテリアは、本格SUVを想起させる機能性と上質感を追求した。水平基調のインストルメントパネルや幅広く骨太なセンターコンソールにより、視界の良さと膝のホールド性を両立した快適かつ安心な空間を目指した。SUVらしさを感じる硬質な素材だけでなく、人の手や身体が触れやすい部分にソフトパッドを配置することにより、機能性に基づいたメリハリのある構成とした。

トヨタ RAV4新型 グレード別価格総まとめ

トヨタのRAV4新型、グレード別価格をまとめています。
ガソリンモデルは、約260万円~335万円です。

ハイブリッドモデルは、約320万円~382万円です。


グレード価格燃費エンジン駆動乗車定員
アドベンチャー3,137,400円
WLTCモード : 
15.2km/L

2.0L

4WD

5人乗り

G“Z package”
3,348,000円
WLTCモード : 
15.2km/L
2.0L
4WD
5人乗り
G
3,202,200
WLTCモード : 
15.2km/L
2.0L
4WD
5人乗り
X
2,608,200円〜
WLTCモード : 
15.2〜15.8km/L
2.0L
2WD/4WD
5人乗り
ハイブリッドG3,817,800
JC08モード : 
25.0km/L
WLTCモード : 
20.6km/L
2.5L+モーター
E-Four*1
5人乗り
ハイブリッドX3,202,200円〜
JC08モード : 
25.2km/L
WLTCモード : 
21.4km/L
2.5L+モーター
2WD/E-Four*1
5人乗り
  1. *1. E-Fourは、機械式4WDとは機構および性能が異なります。さまざまな走行状態に応じてFF(前輪駆動)走行状態から4WD(4輪駆動)走行状態まで自動的に制御し、安定した操縦性・走行の安定性および燃費の向上に寄与するものです。

トヨタ RAV4新型 中古車価格は?

RAV4新型の中古車価格を調べてみました。

平均価格は約330万円。価格相場:約230万円~470万円
※自動車情報サイトResponse 中古車情報ページより(2019年8月現在)

新車のRAV4と比較して、物によっては少し手が届く値段になるモデルもあるようです。少しでも安くでRAV4を購入したいという方は、中古車も考えてみてはいかがでしょうか。

トヨタ RAV4新型 「TNGA」に基づいた、新プラットフォームを採用

トヨタRAV4新型(米国仕様)

5世代目となる新型RAV4は、トヨタのクルマづくりの構造改革、「TNGA」(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)に基づく新プラットフォームを採用。

ボディの高剛性化や低重心化を図りつつ、さらなる燃費性能と高い操縦安定性や走破性を目指して開発が行われました。

トヨタ RAV4新型 パワートレインは

トヨタRAV4新型(米国仕様)

パワートレインには、TNGAを導入した直噴2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン「ダイナミックフォース」などを用意し、8速ATの「ダイレクトシフト」と組み合わせます。

ガソリン車の上級グレードには、新開発の4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を初採用しました。

前後および後輪の左右駆動力を最適に制御するトルクベクタリング機構を搭載することで、コーナリングや悪路走行時に、優れた操縦安定性とトラクション性能を発揮します。

トヨタ RAV4新型 トヨタセーフティセンス全車標準搭載

新型RAV4には、トヨタの第2世代の予防安全パッケージ、「トヨタセーフティセンス」を全車に標準装備します。

最新のトヨタセーフティセンスには、車両に加えて、歩行者検知(昼間・夜間)と自転車検知(昼間)を行い、衝突回避支援または被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」が導入されているのが特徴と言えるでしょう。

また、前方車両の追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)」、レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」、車線逸脱による事故予防に貢献するステアリング制御機能付きの「レーンディパーチャーアラート(LDA)」を採用。

加えて、カメラで認識した道路標識をマルチインフォメーションディスプレイに表示することで、道路標識の見落としを減らし、安全運転を促す「ロードサインアシスト(RSA)」、夜間の前方視界確保を支援する「オートマチックハイビーム(AHB)」等が用意されているようです。

トヨタ RAV4新型 ハイブリッドモデルの性能は?

ハイブリッドモデルのパワートレインは、TNGAの思想に基づいたエンジン「2.5リットル ダイナミックフォースエンジン」を搭載した新型2.5リットルハイブリッドシステムを採用しました。

優れた燃費と軽快な加速性能を実現しています。

燃費はそれぞれWLTCモードで2WDが21.4km/L、4WDが20.6km/Lとなっています。

加えて、ハイブリッド車の4WDシステムとして、最新のハイブリッド技術を継承した新型E-Fourを採用。

後輪の最大トルクを増加させるとともに、前後輪トルク配分を100:0から最大20:80まで可変可能な新制御を採用し、コーナリング中の前後輪トルク配分を最適に制御、操縦安定性を高めたほか、後輪のトルクを上げたことで、降雪時や雨天時における登坂発進時の安心感を向上させました。

トヨタ RAV4新型 気になる試乗評価・感想は?

トヨタ RAV4 アドベンチャー 新型

トヨタ RAV4 アドベンチャー 新型

とにかく大きい

大きい。『RAV4』ってこんなんだったっけ? 華奢だった美少年が、しばらく会わないうちにすっかりおっさんになっていて落胆……したときと同じ気分になるのは、私だけではないだろう。

ただ、大きくなったRAV4は、包容力を身に着けていた。2リットルガソリンエンジンを搭載した「アドベンチャー」は、SUVらしいふんわりゆったりとした乗り心地。ハンドル操作に対する反応のよさと、包み込むようなやわらかい乗り心地のバランスが絶妙で、体も心もゆだねたくなる安心感。ラフロードやマッドな道を走らなくても、ひたすら楽しくて頼もしい。あら、これなら肥大化しても許されてよ。

ハイブリッドモデルは音が気になる?

トヨタ RAV4 アドベンチャー 新型

トヨタ RAV4 アドベンチャー 新型

さらにハイブリッド車の場合は音も気になる。ハイブリッド・システムのいろんな音が聞こえてきて、どうにも落ち着かないのだ。EV走行をしているときは、エンジン音こそしないから静かなのだけれど、その分、視覚障がい者のために付けられた人工音が車内に入り込んできて、これまた気になる。

SUVに求めるものは、悪路走破性や4WDの実力など、使う人によってそれぞれだけれど、街乗りメインで使うなら、やさしく抱擁してくれるガソリン車が、私的には、断然、絶対、確実によくてお気に入りなのである。

トヨタ RAV4 新型にTRDオフロード

トヨタ RAV4 新型のTRDオフロード(シカゴモーターショー2019)

トヨタ自動車の米国部門は、シカゴモーターショー2019において、新型『RAV4』(Toyota RAV4)の「TRDオフロード」を初公開した。同車は、日本市場にも今春復活導入される予定の新型RAV4をベースに、オフロード性能を高めたグレードだ。

トヨタ RAV4 新型のTRDオフロード(シカゴモーターショー2019)

新型RAV4のTRDオフロードのパワートレインには、TNGAを導入した直噴2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン「ダイナミックフォース」を搭載。

最大出力は203hpを引き出し、8速ATの「ダイレクトシフト」と組み合わせます。

4WDシステムには、新開発の「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を採用しました。

前後と後輪の左右駆動力を最適に制御するトルクベクタリング機構を搭載することで、コーナリングや悪路走行時に、優れた操縦安定性とトラクション性能を追求。

2WD走行時には後輪に動力を伝達する駆動系の回転を停止させて、燃費向上を図る「ディスコネクト機構」も採用しています。

新型RAV4最新情報はこちら

新型車最新情報

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 RAV4 SUV

関連する投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

10月24日より開催される東京モーターショー2019。10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事ではどこよりも早く、どこよりもわかりやすいをモットーに東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。新型車・出展車・ワールドプレミア情報・アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・チケット情報、前回の東京モーターショー2017の振り返りも。毎日更新中です。【8月21日更新】


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は2019年8月現在購入できる国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。※ほとんどの車種を網羅していますが、一部商用車などは省いています。


トヨタのミニバン 新型ヴォクシー┃スペックや特徴、走行性能や燃費など

トヨタのミニバン 新型ヴォクシー┃スペックや特徴、走行性能や燃費など

トヨタのミニバン「ヴォクシー」は、ネッツ店の専売車種です。販売されて19年経過する中で、根強い人気を獲得することができたヴォクシーは、男女問わず評判のいい車です。「ファミリカー」や「カスタムカー」としてユーザーによって全く違う雰囲気を出すことができ、今後も注目され続けそうです。今回の記事では、新型ヴォクシーの歴史や特徴、中古車価格などについて紹介します。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。