トップへ戻る

【2020年度版】現行日産・セダン一覧 ~新車・中古車まとめ~

【2020年度版】現行日産・セダン一覧 ~新車・中古車まとめ~

セダンといえば、昔から乗用車の最もポピュラーな形とも言えます。ミニバンやSUVがブームとなってからも、セダンタイプの乗用車は、国内外各社から発売されており、根強い人気を誇っています。今回は日産が2020年現在発売しているセダンをご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産のセダンとは

セダンは、ボンネット、キャビン、トランクが分かれている3ボックスの乗用車です。

現代のセダンは2列の座席、4枚のドア (+リアのゲート)の形が主流となっています。

日産のセダンには、シルフィやシーマ、セダンの中でもスポーツセダンに分類される車種では、スカイラインが特に有名です。

【現行車種】日産・セダン一覧 ~価格や特徴まとめ~

日産 ティアナ

日産 ティアナ

日産のセダンは、シーマ、フーガ、スカイライン、ティアナ、そしてシルフィなどがラインアップされています。

日産 セダンの価格一覧

日産のセダンの価格について見ていきましょう。
※中古車の価格については、車情報サイトResponse 中古車情報ページより(2020年4月現在)

シーマ

【シーマ】新車・中古車価格
新車価格8,231,300~9,331,300円
中古車価格10万〜628万円

日産のセダンタイプのフラッグシップモデルの最高傑作でマフラー音の響きや哀愁漂う姿が今でも街中を走れば振り返られます。

フーガ

【フーガ】新車・中古車価格
新車価格5,027,000〜6,394,981円
中古車価格3万〜499.8万円

派手過ぎず、落ち着いた雰囲気があり、外観・内装・走りの総合的なバランスが取れ、運転しても楽しい車です。後部座席に座っていても満足出来るゆったり感があり、オプションで革シートやナビなどを装備して高級感があり、所有して嬉しくなります。

フーガハイブリッド

【フーガハイブリッド】新車・中古車価格
新車価格6,549,400〜7,230,981円
中古車価格44.8万〜499.4万円

スカイラインと比べて内装は断然良く、市街地走行では燃費は平均10Km/L程度をマークするなど、スポーツセダンとしては燃費も良く、またインテリジェントブレーキアシスト機能など安心の先進装備も備えた車です。

スカイライン

【スカイライン】新車・中古車価格
新車価格4,353,800〜5,625,400円
中古車価格8万円~1400万円

スカイラインは、スタイリッシュな見た目と高い走行性能で人気の車種です。また、軽量化に成功し、燃費は比較的良い点もこの車を選ぶメリットとして挙げられます。

スカイライン ハイブリッド

【スカイライン ハイブリッド】新車・中古車価格
新車価格5,575,900〜6,160,000円
中古車価格

99.8万〜597.3万円

ハイブリッド車の為か、スポーティーカーとしての評価はそれなりですが、自動ブレーキなどの先進装備を備え、轍などでハンドルを取られないのは快適です。

ティアナ

【ティアナ】新車・中古車価格
新車価格2,611,400〜3,578,300円
中古車価格9万〜272.6万円

モダンリビングのような開放的で明るい室内と内装、快適な移動空間として、自然に落ち着いて走れて運転にも優しい車です。

シルフィ

【シルフィ】新車・中古車価格
新車価格2,029,500〜2,723,600円
中古車価格1〜225.5万円

スタイリッシュで大人な雰囲気漂うシルフィは、デザイン性が高いだけでなく空気抵抗が少なくなるよう計算されたボディとなっており、走行性能にも優れています。

海外市場での日産セダン

日産 アルティマ

日産 アルティマ

海外市場での日産のセダンの主なラインナップの一部をご紹介します。

マキシマ

新型マキシマは、3.5L・V6エンジンを搭載し、5ナンバー枠を超えるボディサイズのモデルで、北米を中心に販売しています。

アルティマ

アルティマは、米国と中国ではトヨタやホンダのライバルとなる重要なモデルで、米国では2018年から、中国では2019年からフルモデルチェンジされ販売されています。

3.5L・V6級の動力性能と2L直4ターボの燃費を両立した世界初の可変圧縮比エンジンのVCターボを搭載し、新開発の直噴2.5L直4の新しいエンジンで日産のセダンとしては初となるプロパイロットを搭載しています。

シルフィ

シルフィは、2019年4月に行われた上海モーターショーでフルモデルチェンジされ、空気抵抗係数でGT-R同等の0.26という数値をマークしています。

エモーショナルなスタイルの広い室内空間を確保し、新しいプラットホームにパワートレーン1.6L直4+CVTを搭載しています。

ヴァーサセダン

ヴァーサセダンは、2012~2016年まで「ラティオ」の車名で販売され、日産ノートのセダンとして東南アジアでは「サニー」の車名で販売されていました。

北米向けモデルとして2019年4月にフルモデルチェンジされました。

緊急自動ブレーキを含む先行車追従型でクルーズコントロールのブラインドスポットモニタリングなど、充実した安全装備が採用されています。

日産セダンの歴史

今に続く、日産セダンの歴史をご紹介します。

【シーマ】日産のフラッグシップサルーン

日産 シーマ

日産 シーマ

シーマ/セドリックシーマ/グロリアシーマ(1988~)

日産セドリック/グロリア・シーマは、1988年1月に販売されました。

5ナンバーサイズのY31型セドリック/グロリアをベースに3ナンバーサイズの全長が200mm、全幅が75mmに拡大された4ドアハードトップでした。

ホイールベースは2,735mmで、車両重量は1,560~1,690kg、サスペンション形式は、フロント:マクファーソンストラット式/リア:セミトレーリングアーム式で、電子制御アクティブサスペンションが装着されています。

駆動方式:FR、エンジン:VG30DE型とVG30DET型でした。

スペックは最高出力200ps/最大トルク26.5kgm、ターボ時の最高出力255ps/最大トルク35kgm、トランスミッション4速トルコン式ATとの組み合わせでブレーキは4輪ベンチレーテッドディスク式。

シーマ FPY31型は、日産の最上級セダンモデルで大人気となり「シーマ現象」と呼ばれました。2010年に4代目の生産が終了し、2012年に5代目が発売されました。そして、2017年6月に大きくマイナーチェンジされました。

シーマの特徴や魅力

シーマは、セドリック/グロリアの高級車的な延長線上で個性的なエクステリアデザインが見る人を引きつけます。

高速道路を走るロングドライブ、ビジネスシーンでも快適な移動空間を提供する日産のセダンです。

日産 シーマのスペック

【日産 シーマ HYBRID】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,120mm×1,845mm× 1,510mm
ホイールベース3,050mm
最大乗車定員5名
車両重量1,920kg
燃費WLTCモード:12,4km/L
エンジン種類DOHC・V型6気筒
最高出力225kW(306PS)/6,800rpm
最大トルク350N・m(35,7kgf・m)/5,000rpm
電動機種類交流同期電動機
最高出力50kW(68PS)
最大トルク290N・m(29.6kgf・m)
駆動方式FR
トランスミッションマニュアルモード付電子制御7速ハイブリッドトランスミッション

情報は2020年4月現在の公式サイトより

シーマについて詳しく知りたい方はこちら

【フーガ】日産の技術とノウハウが詰まった車

日産 フーガ 2010年

日産 フーガ 2010年

フーガ(2004~)

初代フーガは、日産のセダン「セドリック」や「グロリア」の後継モデルで、2004年「フーガ」の名称に統一されました。

コクピットデザインの日産の高級セダンとして開発され、ダイナミックなボディスタイルとしなやかでなめらかな走行性能で、プレミアムスポーティセダンとして2004年10月に発売されました。

フーガ Y51型は、2009年からモデルチェンジをしていません。

フーガの特徴や魅力

フーガは世界に認められ高い評価を得ており、常に最高峰を追求して進化し続けている日産自動車の高級大型スポーツセダンです。

グレードにより、フォレストエアコンの標準装備で車内の気になるにおいや花粉を除去、優れた燃費とクリーンな排気、高出力で高性能なVVELエンジン、快適な走りと躍動的なワイド・アンド・ローのプロポーションとハイブリッドシステム、最先端の運転支援システムなどが搭載され、日産の技術が余すところなく網羅されています。

オーナーにとって最高峰のパートナーと言っても過言ではないでしょう。

日産 フーガのスペック

【日産 フーガ 250 GT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)mm4,980mm×1,845mm×1,500mm
ホイールベース2,900mm
最大乗車定員5名
車両重量1,710kg
燃費WLTCモード:10,2km/L
エンジン種類DOHC・V型6気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)165kW(225PS)/6,400rpm
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm)258N・m(26,3kgf・m)/4,800rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッションマニュアルモード付フルレンジ電子制御7速オートマチック

情報は2020年4月現在の公式サイトより

フーガについて詳しく知りたい方はこちら

関連する投稿


日産の雄、エルグランド!評判はどう?中古車情報も

日産の雄、エルグランド!評判はどう?中古車情報も

ミニバンクラスの中では高級ミニバンの元祖とも呼ばれるエルグランドは、トヨタ・アルファードやホンダ・エリシオンと言った車種を登場させるきっかけとなった車です。今回は2020年10月に発売されたエルグランドについて改めて見ていきましょう。


【大人気SUV】日産 新型エクストレイルはどう進化する!?

【大人気SUV】日産 新型エクストレイルはどう進化する!?

今年秋のモデルチェンジが噂される日産 エクストレイル。日産のベストセラーSUVがどんな変化を遂げるのか、現在流れている情報をもとに検証していきましょう!


上質なSUV「日産 ムラーノ」その性能や価格は?

上質なSUV「日産 ムラーノ」その性能や価格は?

2004年から2015年まで国内販売された日産ムラーノ。洗練されたデザインでシティ派SUVの先駆者といった位置付けで発売されていたこの車ですが、なぜ販売終了となってしまったのでしょうか。本記事ではムラーノについて解説していきます。


日産キックスの特徴は?他車との比較を徹底解説

日産キックスの特徴は?他車との比較を徹底解説

今世界的にもっとも人気の高い自動車のカテゴリーのひとつがSUVです。車内空間や荷室などを広く確保できる実用性の高さと、スポーティな走りを楽しめるという趣味性の高さのバランスの良さが人気の秘密となっているようです。各社が次々とSUVを発売していますが、その中でも大きな話題となっているモデルのひとつが日産のキックスです。今回は日産 キックスとはどういった車なのかを紹介すると共に、ライバルとなるモデルとの比較などを行っていきます。


日産 ノートはここが凄い!その性能を改めて徹底解説、ライバルとの比較も

日産 ノートはここが凄い!その性能を改めて徹底解説、ライバルとの比較も

2020年12月23日から販売が開始されている日産 ノートが凄いと話題となっています。2021年の本命とされる「ノート」はどこがそんなに凄いのでしょうか?そこで、これまでに明らかになった情報をもとに全てをご紹介します。もちろん追加設定された4WDモデル情報も!


最新の投稿


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


まずは落ち着く!事故を起こしてしまった時の対処法

まずは落ち着く!事故を起こしてしまった時の対処法

クルマやバイクに乗っていればいつ遭遇してもおかしくないのが交通事故です。今回は、交通事故における運転手の義務や事故発生時の対処方法、昨今の交通事故事情などをご紹介します。これを読んで万が一の時慌てないようにしましょう。


エンジンがかからない?!車のハンドルロックの解除方法

エンジンがかからない?!車のハンドルロックの解除方法

車に乗ったのにキーが回らない、という経験をしたことをありませんか?これは、車の盗難防止策の一つであるハンドルロックという機能の存在が関係しているかもしれません。今回は、そんなハンドルロックの仕組みとハンドルロックの解除方法に関して解説していきます。


インタークーラーとは?その役割や種類についても解説

インタークーラーとは?その役割や種類についても解説

ターボ(過給機装置)装着車によく聞く、インタークーラーという言葉ですが、そもそもインタークーラーってなんなのでしょうか?今回はこのインタークーラーはどの様な役割を果たしているのか、またその効果についてもご紹介します。


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!