トップへ戻る

【2020年度版】現行レクサスのセダン一覧

【2020年度版】現行レクサスのセダン一覧

レクサスは、トヨタが手掛けている高級車ブランドです。セダンやSUV、クーペなど様々な車種を展開しており、その高い品質、性能の高さ、手厚いサービスで世界中に多くのオーナーがいます。今回はそんなレクサスのセダンについてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


レクサスとは

レクサスのエンブレム

レクサスのエンブレム

レクサスとは、トヨタ自動車が展開している高級車ブランドを指します。北米で1989年から展開し、一定の地位を築いた後の2005年、逆輸入のかたちをとり日本での展開も開始されました。

レクサスが参入するまでアメリカにおける高級車は成功者のシンボルであり、重厚で威厳のある大型車両が一般的でした。

レクサスは機能性とクオリティによるプレミアを追求し、そこへ日本車ならではの信頼性と経済性を加味して、高級車としての地位を築き上げていったのです。

発売当初はベンツやBMWなどヨーロッパの高級輸入車を相手に苦戦を強いられていましたが、2012年3月には「レクサス本部」を社内カンパニーとしての「レクサスインターナショナル」に改組されました。

トヨタ自動車社長の豊田章男自らが指揮を執り、日本初のグローバルプレミアムブランドとして着々と基礎を固めていきました。

セダンとは

レクサス ES 新型(ES300h)

レクサス ES 新型(ES300h)

車の形態は時代と共に変容していくので、定義づけが難しいのですが、セダンと言えば一般的には3ボックス4ドアの車を指します。3ボックスとは、人の乗る部分とエンジンルーム、荷室がそれぞれ別空間で存在する車のことです。

これに対し、ワンボックス車は運転席の下にエンジンルームがあり、人の乗る空間と荷室が一体となっています。また、同じ3ボックスであっても2ドアになるとスポーティさが増し、クーペと呼ばれます。

独立した荷室を持つことからノッチバックセダンとも言い、荷室のプライバシーが守れる利点から北米で好まれている形態です。

走行時の静音や安定性、追突された時の衝撃の少なさなども利点であり、セダン=高級車としてのイメージを持つ方も少なくありません。

こんなにある!レクサスのセダンの種類

日本が世界に誇るグローバルブランドがレクサスですが、中でもセダンタイプには、北米での成功体験を物語る主力商品として、多くのラインナップがあります。5つの車種に11のモデルを要し、SUV主流の昨今にあっても堅実な存在感を放っています。

すべての車種に予防安全システム「Lexus Safety Sistem +」を搭載して、衝突回避支援を実現しつつ高い安全性を確保します。

5車種の11モデル、それぞれについてご案内します。

【レクサス IS】高級車ながらもカジュアル

レクサス IS 現行型

レクサス IS 現行型

高級ブランド車レクサスのセダンの中で、もっともカジュアルでリーズナブルなのがISです。ISとは(Intelligent Sport=インテリジェント・スポーツ)の略になります。

1999年に発売された、アルテッツァのレクサスブランド版となり海外展開されました。車幅が1,810mmと比較的コンパクトなことやコスパの面から人気の車種です。

操作性と走行性能の高さや乗り心地の良さはもちろん、俊敏な走りと加速の良さは他の追随を許しませんでした。

ドライバーの意思に瞬時に応える操作性は、磨き上げられたレスポンスがあってこそです。軽快なハンドリングと踏み込むと同時に伸びてゆく加速が、車に乗る愉しさ、走る愉しさを目覚めさせてくれます。

安全に、軽やかに、走る愉しみを極めた車がISです。

レクサス IS300のスペック

【レクサス IS300】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,680mm×1,810mm×1,430mm
ホイールベース2,800mm
最大乗車定員5名
車両重量1,630kg
燃費JC08モード:12.8km/L
エンジン種類直列4気筒インタークーラー付ターボ
最高出力180kW(245PS)/5,800rpm
最大トルク350N・m(35.7kgf・m)/1,650~4,400rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッション8-Speed SPDS(電子制御8速オートマチック)

レクサス IS300hのスペック

【レクサス IS300h 2WD(FR)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,680mm×1,810mm×1,430mm
ホイールベース2,800mm
最大乗車定員5名
車両重量1,680kg
燃費JC08モード:23.2km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力131kW(178PS)/6,000rpm
最大トルク221N・m(22.5kgf・m)/4,200~4,800rpm
電動機種類交流同期電動機
最高出力105kW(143PS)
最大トルク300N・m(30.6kgf・m)
駆動方式後輪駆動
トランスミッション電気式無段変速機

レクサス IS350のスペック

【レクサス IS350】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,680mm×1,810mm×1,430mm
ホイールベース2,800mm
最大乗車定員5名
車両重量1,640kg
燃費JC08モード:10.4km/L
エンジン種類V型6気筒
最高出力234kW(318PS)/6,600rpm
最大トルク380N・m(38.7kgf・m)/4,800rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッション8-Speed SPDS(電子制御8速オートマチック)

ISについて詳しく知りたい方はこちら

【レクサス ES】エモーショナルなセダン

レクサスES新型(北京モーターショー2018)

レクサスES新型(北京モーターショー2018)

1989年のレクサスブランド立ち上げ当初から、LSと共に草創期を支えてきたのがESです。

海外ではレクサスの最量販車種となっています。初代ESはカムリを母体とし、フロントグリルをLSに似せて発売されました。

2代目以降は独自に展開、このうち2~4代目までのESはウインダムの名で日本市場にも登場しています。その後、海外のみの展開が続きましたが2018年10月より7代目ESが日本市場に登場し、見て触れてときめくエモーショナルなセダンとして売り出されます。

ESは、車の動静によるドライバーへの影響を極力抑えるために、最適の減衰力を発生するスウィングバルブショックアブソーバーを世界で初めて導入しています。

レクサスのセダンでは珍しくFFを採用。走行性能より乗り心地を優先させている点からも、日本人にも相性の良い車と言えます。

レクサス ES300hのスペック

【レクサス ES300h グレード】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,975mm×1,865mm×1,445mm
ホイールベース2,870mm
最大乗車定員5名
車両重量1,680kg
燃費JC08モード:23.4km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力131kW(178PS)/5,700rpm
最大トルク221N・m(22.5kgf・m)/3,600〜5,200rpm
電動機種類交流同期電動機
最高出力88kW(120PS)
最大トルク202N・m(20.6kgf・m)
駆動方式前輪駆動
トランスミッション電気式無段変速機

ES について詳しく知りたい方はこちら

【レクサス GS】元祖スピンドルグリル

レクサスGS450h

レクサスGS450h

GSはトヨタ・アリストを母体にレクサスモデルに1993年から生産が開始されました。1997年にアリストのモデルチェンジと同時にモデルチェンジを行うと、翌年のモータートレンド主催のインポートカーオブザイヤーに選ばれます。

また、カーアンドドライバー主催のテンベストカーにも1998~2000年にかけて3年連続で選ばれ、北米市場でのネームバリューが確実なものとなりました。

2005年の北米オートショーにてワールドプレミアを受賞すると国際市場での地位は揺るぎないものとなり、同年8月から日本でのレクサス開業と共に国内販売も開始されます。ひと目でそれとわかるフロントフェイスのスピンドルグリルは、2012年のGS4代目が元祖でした。

空力と冷却能力の性能向上を考慮した、逆台形のアッパーグリルと台形のロアグリルの組み合わせは先進的かつ魅力的なデザインとして、発表当時から話題を集めました。以降、スピンドルグリルはレクサスの代名詞となり、今に至っています。

GSとは「Grandtouring Sedan(グランドツーリズム・セダン)」の略であり、快適な乗り心地を追求して生まれた、LSに次いでレクサスの上位にランクされる車でした。

レクサス GS450hのスペック

【レクサス GS450h】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,880mm×1,840mm×1,455mm
ホイールベース2,850mm
最大乗車定員5名
車両重量1,820kg
燃費JC08モード:18.2km/L
エンジン種類V型6気筒DOHC
最高出力217kW(295PS)/6,000rpm
最大トルク356N・m(36.3kgf・m)/4,500rpm
電動機種類交流同期電動機
最高出力147kW(200PS)
最大トルク275N・m(28.0kgf・m)
駆動方式後輪駆動
トランスミッション電気式無段変速機

レクサス GS300のスペック

【レクサス GS300】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,880mm×1,840mm×1,455mm
ホイールベース2,850mm
最大乗車定員5名
車両重量1,650kg
燃費JC08モード:13.2km/L
エンジン種類直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ
最高出力180kW(245PS)/5,800rpm
最大トルク350N・m(35.7kgf・m)/1,650〜4,400rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッション8-Speed SPDS(電子制御8速オートマチック)

レクサス GS300hのスペック

【レクサス GS300h】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,880mm×1,840mm×1,455mm
ホイールベース2,850mm
最大乗車定員5名
車両重量1,730kg
燃費JC08モード:23.2km/L
エンジン種類直列4気筒DOHC
最高出力131kW(178PS)/6,000rpm
最大トルク221N・m(22.5kgf・m)/4,200〜4,800rpm
電動機種類交流同期電動機
最高出力105kW(143PS)
最大トルク300N・m(30.6kgf・m)
駆動方式後輪駆動
トランスミッション電気式無段変速機

レクサス GS350のスペック

【レクサス GS350 2WD(FR) グレード】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,880mm×1,840mm×1,455mm
ホイールベース2,850mm
最大乗車定員5名
車両重量1,650kg
燃費JC08モード:10.8km/L
エンジン種類V型6気筒DOHC
最高出力234kW(318PS)/6,600rpm
最大トルク380N・m(38.7kgf・m)/4,800rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッション8-Speed SPDS(電子制御8速オートマチック)

【レクサス GSF】GSのスポーツセダン

レクサス GS F

レクサス GS F

レクサスGSをベースにスポーティにつくられ、2015年11月より販売開始されたのがGSFです。

日常からサーキットまで、誰もがシームレスに走りを楽しめるというレクサスFの理念に基づいて開発されました。ベースモデルのGSより若干大きくなり、フロントのスピンドルグリルは存在感を増しています。

過酷なサーキット走行にも耐えられるよう強固な骨格とボディの剛性、さらに振動の減衰と空気抵抗の軽減を重視。レーザー溶接や高剛性ガラス接着剤の使用など最新のボディ技術を採用しています。

また、リアフロアアンダーカバーの切り上げとフラットなエンジンアンダーカバーにより、床下の整流を確保。そして、Fの象徴でもあるリアバンパー下部の4連エギゾーストディフューザーが気流を拡散します。

GSFは、空気抵抗を限りなくゼロに近づけ快適な高速走行を約束してくれる車です。

レクサス GSFのスペック

【レクサス GSF】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,915mm×1,855mm×1,440mm
ホイールベース2,850mm
最大乗車定員5名
車両重量1,830kg
燃費JC08モード:8.2km/L
エンジン種類V型8気筒
最高出力351kW(477PS)/7,100rpm
最大トルク530N・m(54.0kgf・m)/4,800〜5,600rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッション8-Speed SPDS(電子制御8速オートマチック)

GS Fについて詳しく知りたい方はこちら

【レクサス LS】堂々のフラッグシップモデル

レクサス LS500h F SPORT

レクサス LS500h F SPORT

LSとは「Luxury Sedan(ラグジュアリーセダン)」の略で、その名が示す通りフラッグシップモデルとして、1989年の創業時からレクサスの最高位に位置づけられています。

LSの3代目モデルまではトヨタセルシオという名で、日本国内に向けても販売されていました。4代目以降はハイブリッド車も登場。最上級への追求が止むことはありません。

丹念に作りこまれたスピンドルグリルとクーペのような滑らかな流線形が、見る人の目をくぎ付けにします。

スペックの高さはもちろんのこと、先進的かつ機能的でありながら、随所に匠の技を織り込み、広々とリビングを思わせる落ち着いた車内空間を演出しています。

最高であることと豪華であることの違いを教えてくれる車、それがレクサスLSです。

レクサス LS500のスペック

【レクサス LS500】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)mm5,235mm×1,900mm×1,450mm
ホイールベース3,125mm
最大乗車定員5名
車両重量2,150kg
燃費JC08モード:10.2km/L
エンジン種類V型6気筒インタークーラー付ツインターボ
最高出力310kW(422PS)/6,000rpm
最大トルク600N・m(61.2kgf・m)/1,600~4,800rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッションDirectShift-10AT(電子制御10速オートマチック)

レクサス LS500hのスペック

【レクサス LS500h 2WD(FR)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,235mm×1,900mm×1,450mm
ホイールベース3,125mm
最大乗車定員5名
車両重量2,210kg
燃費JC08モード:15.8km/L
エンジン種類V型6気筒
最高出力220kW(229PS)/6,600rpm
最大トルク356N・m(36.3kgf・m)/5,100rpm
電動機種類交流同期電動機
最高出力132kW(180PS)
最大トルク300N・m(30.6kgf・m)
駆動方式後輪駆動
トランスミッションマルチステージハイブリッドトランスミッション(電気式無段変速機)

LS について詳しく知りたい方はこちら

まとめ

レクサス LS ジャパンプレミア

レクサス LS ジャパンプレミア

いつかはレクサス、いずれはレクサスセダンをというカーオーナーは少なくありません。

すぐに手の届く車種もあれば、購入に多少の努力を必要とするモデルもあります。そのプロセスもまた、レクサス=成功の道と言う言葉に重なるようです。

意のままになる車であり乗りたい車、そして所有したいまさに憧れの車と言えるのではないでしょうか。

関連する投稿


高級車「レクサス」に安く乗りたい? 安いレクサスの探し方を伝授!

高級車「レクサス」に安く乗りたい? 安いレクサスの探し方を伝授!

国産車の中でも一際高いブランドイメージで憧れの「レクサス」。高級ホテルのようなその販売店に並べられる新車たちはお高めの価格設定になっていますし、中古車であっても高い人気を背景に値段が下がらない車種もあります。そこでこの記事では、レクサスバッジの優越感を味わえるのにおトクな「安いレクサス」の選び方を、実例もまじえてご紹介していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

最近発売されるクルマはSUVばかり!もう、どんなSUVがあるのかなんて、わからないですよね。今回は、数あるSUVのなかから、ああ、いいなぁ。そのうち欲しいなぁと思えるようなモデルをご紹介します!


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

時代と共に車も進化や変化を続けています。一昔前まで自動車といえば、多くの方がセダンタイプのものをイメージしていたのではないでしょうか。しかし、今日ではセダン以外にも多くの車の選択肢があります。中でも、SUVなどのハッチバック系のモデルの人気が高まっていることもあって、セダンの存在感がやや小さくなったという印象を抱いている方も多いかもしれません。しかし、セダンならではの魅力もあり、現在でも根強い人気があります。そこで、今回はセダンとはどういった車なのかや、メリット・デメリットなどについてご紹介します。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。