トップへ戻る

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダの大人気ミニバン『ステップワゴン』および『ステップワゴン スパーダ』の次期型に関する情報を、姉妹サイト『Spyder7』が入手しました。

次期型ではボディのワイド化が図られ、ハイブリッドシステムやエンジンにもテコ入れされる模様。デビューは最速で2021年10月、あるいは11月あたりが有力とのこと。

新型コンパクトSUV

Kleber Silvaホンダ ZR-V 予想CG

Kleber Silvaホンダ ZR-V 予想CG

ホンダがインドにて『ZR-V』の車名を商標登録していることが発覚、現在開発しているとみられる新型コンパクト・クロスオーバーSUVにその名が与えられる可能性があることが明らかになっています。

この新型SUVは『ヴェゼル』の下に位置し、日本で言えばトヨタ&ダイハツ『ロッキー/ライズ』と同クラス。予想CGからは、よりスタイリッシュなスポーティーなSUVであることが想像できます。

ワールドプレミアは、2021年以降と予想されます。

【マツダ】 2021年以降発売が期待される新型車・フルモデルチェンジ&新車情報

新型マツダ2

現行マツダ2

現行マツダ2

マツダ2(旧デミオ)のフルモデルチェンジを行い、2021年に発売するのではないかと言われています。

マツダ2はマツダの主要コンパクト。日本国内ではデミオとして親しまれていました。2019年7月のマイナーチェンジにより、世界統一車名のマツダ2に車名が変更されました。

販売台数も多い、コンパクトサイズのマツダ2。いったいどんなエクステリアになるのか?が期待されます。

新型ロードスター

マツダ ロードスター 次期型(NE型)予想CG

マツダ ロードスター 次期型(NE型)予想CG

マツダの人気オープン、ロードスター。このロードスターが早ければ2022年にフルモデルチェンジを行い発売するのではと言われています。

ロードスターは1989年にデビュー。現行モデルは4世代目となります。次期型では2018年にデビュー果たした「SKYACTIV-X」エンジンの進化系の搭載が期待されます。

【スバル】 2021年以降発売が期待される新型車・フルモデルチェンジ&新車情報

スバルxトヨタの電動SUV

スバルxトヨタの電動SUV、車名は「エヴォルティス」か

スバルxトヨタの電動SUV、車名は「エヴォルティス」か

スバルとトヨタが共同開発を進めているクロスオーバーSUVタイプの電気自動車(EV)に関する情報を、スクープサイトであり姉妹サイトの「Spyder7」が入手しました。そのスバル版となるモデルの予想CGが届きました。


スバルは2019年6月、トヨタと中・大型乗用車向けEV専用プラットフォーム、およびCセグメントのSUVタイプのEVを共同開発することに合意したと発表。また2020年1月20日に開催された「SUBARU技術ミーティング」にて、「EVデザインスタディ」を世界初公開している。これがトヨタと共同開発する電動クロスオーバーSUVのスバル版コンセプトと言えるものだ。

市販型では、新開発の次世代EVパワートレインの搭載が予想され、最高出力は290ps以上、4WDが標準装備されると思われる。また大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、航続は500kmをめどに開発が進んでいる模様だ。

安全装備では、AI採用の「新世代アイサイト」を搭載、「レーン変更支援」、「カーブ予測自動減速」、「渋滞ハンズオフ」「ステアリング操作アシスト」「360度センシング」など高度な技術が見込まれる。

エクステリアは、コンセプトカーをよりアグレッシブにしたデザインが予想される。フロントはヘキサゴングリルを大型化し、太いグリルバーで先進感を演出。ヘッドライトはバンパーまで伸びた大胆なLEDを配置し、スバルの新しい顔を作る。またサイドはコンセプトカーのデザインを継承しながらも、リア、センターにキャラクターラインを入れ、躍動感あふれるデザインに仕上げられる可能性があるようだ。

気になる車名だが、スバルは2018年に米国にて『エヴォルティス』(EVOLTIS)のネーミングを商標登録しており、これが有力候補の1つだと思われる。ワールドプレミアは、2021年10月と予想される。

新型BRZ

《photo by SUBARU》スバル BRZ(ドイツ仕様)※現行モデル

《photo by SUBARU》スバル BRZ(ドイツ仕様)※現行モデル

兄弟車であるトヨタの86と同様に、スバルのBRZもフルモデルチェンジを行うと予想されています。すでに米国では、昨年2020年秋に新型BRZを公開しており、発売は今年の秋予定。日本でも、新型BRZが待たれます。

スバルのBRZの現行モデルは2012年に発売されました。そのため9年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

新型レガシィ アウトバック

《photo by SUBARU》スバル・アウトバック新型

《photo by SUBARU》スバル・アウトバック新型

スバルのクロスオーバーSUV、レガシィアウトバックですが、2021年にフルモデルチェンジをすると予想されています。

レガシィアウトバックは、レガシイの派生車種。現行モデルは5代目です。

数回の改良を行っており、2019年9月の改良では悪路走破性を高めるため、「X-MODE」が搭載されました。

アドレナリン

スバル ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト(ジュネーブモーターショー2019)

スバル ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト(ジュネーブモーターショー2019)

スバル ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプトは、ジュネーブモーターショー2019にて公開されました。

この市販モデルが2021年に発売されるのではないかと言われています。

【日産】2021年以降発売が期待される新型車・フルモデルチェンジ&新車情報

新型フェアレディZ

現行フェアレディZ

現行フェアレディZ

日産は「フェアレディZ」のフルモデルチェンジを行い、2021年ごろ発売すると言われています。

価格は約600〜700万円ほどになると予測されます。

日産自動車の伝統のスポーツカー、『フェアレディZ』(海外名:『370Z』)。同車の次期型を予告する映像が、5月28日に公開された。

この動画は、日産が公式サイトで配信したもので、タイトルは『NISSAN NEXT: From A to Z』だ。日産は5月28日、2023年度までの4か年計画を発表した。この4か年計画において、今後18か月で12の新型車を投入することを公表している。

さらに日産は、C/Dセグメント、電気自動車、スポーツカーをグローバルなコアモデルセグメントに位置付け、集中投資を行うことも発表した。次期フェアレディZは、この集中投資を受けて、開発が進められていると見られる。

日産が配信した映像では、今後18か月に投入される12の新型車が予告されている。ボディタイプは、コンパクトカーからSUV、ピックアップトラックなど幅広いが、この映像の最後に登場するのが、次期フェアレディZだ。

新型アリア

《photo by Nissan》日産 アリア コンセプト

《photo by Nissan》日産 アリア コンセプト

100%電気自動車の新型クロスオーバー『日産 アリア』。日本での発売は、2021年中頃が予定されています。

現時点、実質購入価格は約500万円からとなる見込み。日産の新たな扉を開くモデルと位置付けられているため、大きな期待が寄せられます。

【スズキ】2021年以降発売が期待される新型車・フルモデルチェンジ&新車情報

スズキ 新型アルトワークス

《APOLLO NEWS SERVICE》スズキ アルトワークス 次期型 予想CG

《APOLLO NEWS SERVICE》スズキ アルトワークス 次期型 予想CG

スズキの軽、アルト、および高性能モデルのアルトワークスのフルモデルチェンジが控えているといわれています。

アルトは早ければ2020年、アルトワークスは2021年に発表されるとのこと。

アーキテクチャには、最新世代の「ハートテクト」プラットフォームを採用し、剛性を高め、軽自動車としては余裕の居住空間を提供してくれるだろう。注目は、ISG(モーター機能付発電機)による同ブランドのマイルドハイブリッドシステム「Sエネチャージ」の搭載だ。これまでの「エネチャージ」が進化。モーターによるエンジンアシストを可能にし、40km/h以上の低燃費、動力性能の向上が実現する。

安全面では現行モデルでも搭載されている「デュアルセンサーサポートブレーキ」をアップデートし、さらなる安全性の確保が見込まれる。

スズキ 新型エスクード

《APOLLO NEWS SERVICE》スズキ エスクード(海外名:ビターラ)次期型 予想CG

《APOLLO NEWS SERVICE》スズキ エスクード(海外名:ビターラ)次期型 予想CG

スズキのコンパクト・クロスオーバーSUV、『エスクード』(海外名:ビターラ)次期型に関する情報が入ってきました。

2020年にフルモデルチェンジして発売されるのではないかと見られていましたが、2021年以降になりそうです。

【ダイハツ】 2021年以降発売が期待される新型車・フルモデルチェンジ&新車情報

ダイハツ 新型ブーン

ダイハツ ブーン現行モデル

ダイハツ ブーン現行モデル

先に述べたブーンのOEM車トヨタパッソと同様に、ダイハツのブーンも2021年のフルモデルチェンジが予想されています。

2016年に現行モデルとなる3代目を発売し、2018年には丸みを持たせたキュートなデザインが特長の新グレード「ブーンスタイル」が設定されたブーン。

新型ブーンはどのような姿を見せてくれるのでしょうか。

【三菱】 2021年以降発売が期待される新型車・フルモデルチェンジ&新車情報

次期型アウトランダー

三菱 アウトランダー 新型

三菱 アウトランダー 新型

三菱自動車の米国部門は、次期『アウトランダー』(Mitsubishi Outlander)を、2021年初頭にワールドプレミアすると発表しました。

その予告通り、2021年2月17日に4代目となる新型アウトランダーを発表。スタイリング、走行性能、室内空間において、さらなる進化を遂げているとのこと。

新型の投入は、4月に米国、カナダ、プエルトリコで行われ、日本での導入時期は未定。

【まとめ】2021年以降も気になる新型車・新車が目白押し!

本記事では一足お先に2021年以降発売が予測される新型車(国産車)情報をお届けいたしました。

2021年も気になる新車が満載ですね!

続報が入り次第、記事を更新いたします。

新型車情報2019年版はこちら

その他、おすすめの記事はこちらです

関連する投稿


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。


日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

1991年から一年間限定で発売された「フィガロ」ですが、人気は高く反響も大きかった車で惜しまれつつ1年限りの販売となった車「フィガロ」について見てみましょう。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。