目次へ戻る

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダがインドにて『ZR-V』の車名を商標登録していることが発覚、現在開発しているとみられる新型コンパクト・クロスオーバーSUVにその名が与えられる可能性があることが明らかになっています。

この新型SUVは『ヴェゼル』の下に位置し、日本で言えばトヨタ&ダイハツ『ロッキー/ライズ』と同クラス。予想CGからは、よりスタイリッシュなスポーティーなSUVであることが想像できます。

ワールドプレミアは、2021年以降と予想されます。

【マツダ】 2021年以降発売が期待される新型車・フルモデルチェンジ&新車情報

新型マツダ2

現行マツダ2

現行マツダ2

マツダ2(旧デミオ)のフルモデルチェンジを行い、2021年に発売するのではないかと言われています。

マツダ2はマツダの主要コンパクト。日本国内ではデミオとして親しまれていました。2019年7月のマイナーチェンジにより、世界統一車名のマツダ2に車名が変更されました。

販売台数も多い、コンパクトサイズのマツダ2。いったいどんなエクステリアになるのか?が期待されます。

新型ロードスター

マツダ ロードスター 次期型(NE型)予想CG

マツダ ロードスター 次期型(NE型)予想CG

マツダの人気オープン、ロードスター。このロードスターが早ければ2022年にフルモデルチェンジを行い発売するのではと言われています。

ロードスターは1989年にデビュー。現行モデルは4世代目となります。次期型では2018年にデビュー果たした「SKYACTIV-X」エンジンの進化系の搭載が期待されます。

【スバル】 2021年以降発売が期待される新型車・フルモデルチェンジ&新車情報

スバルxトヨタの電動SUV

スバルxトヨタの電動SUV、車名は「エヴォルティス」か

スバルxトヨタの電動SUV、車名は「エヴォルティス」か

スバルとトヨタが共同開発を進めているクロスオーバーSUVタイプの電気自動車(EV)に関する情報を、スクープサイトであり姉妹サイトの「Spyder7」が入手しました。そのスバル版となるモデルの予想CGが届きました。


スバルは2019年6月、トヨタと中・大型乗用車向けEV専用プラットフォーム、およびCセグメントのSUVタイプのEVを共同開発することに合意したと発表。また2020年1月20日に開催された「SUBARU技術ミーティング」にて、「EVデザインスタディ」を世界初公開している。これがトヨタと共同開発する電動クロスオーバーSUVのスバル版コンセプトと言えるものだ。

市販型では、新開発の次世代EVパワートレインの搭載が予想され、最高出力は290ps以上、4WDが標準装備されると思われる。また大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、航続は500kmをめどに開発が進んでいる模様だ。

安全装備では、AI採用の「新世代アイサイト」を搭載、「レーン変更支援」、「カーブ予測自動減速」、「渋滞ハンズオフ」「ステアリング操作アシスト」「360度センシング」など高度な技術が見込まれる。

エクステリアは、コンセプトカーをよりアグレッシブにしたデザインが予想される。フロントはヘキサゴングリルを大型化し、太いグリルバーで先進感を演出。ヘッドライトはバンパーまで伸びた大胆なLEDを配置し、スバルの新しい顔を作る。またサイドはコンセプトカーのデザインを継承しながらも、リア、センターにキャラクターラインを入れ、躍動感あふれるデザインに仕上げられる可能性があるようだ。

気になる車名だが、スバルは2018年に米国にて『エヴォルティス』(EVOLTIS)のネーミングを商標登録しており、これが有力候補の1つだと思われる。ワールドプレミアは、2021年10月と予想される。

新型BRZ

《photo by SUBARU》スバル BRZ(ドイツ仕様)※現行モデル

《photo by SUBARU》スバル BRZ(ドイツ仕様)※現行モデル

兄弟車であるトヨタの86と同様に、スバルのBRZもフルモデルチェンジを行うと予想されています。

スバルのBRZの現行モデルは2012年に発売されました。そのため9年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

新型レガシィ アウトバック

《photo by SUBARU》スバル・アウトバック新型

《photo by SUBARU》スバル・アウトバック新型

スバルのクロスオーバーSUV、レガシィアウトバックですが、2021年にフルモデルチェンジをすると予想されています。

レガシィアウトバックは、レガシイの派生車種。現行モデルは5代目です。

数回の改良を行っており、2019年9月の改良では悪路走破性を高めるため、「X-MODE」が搭載されました。

アドレナリン

スバル ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト(ジュネーブモーターショー2019)

スバル ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト(ジュネーブモーターショー2019)

スバル ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプトは、ジュネーブモーターショー2019にて公開されました。
この市販モデルが2021年に発売されるのではないかと言われています。

【日産】2021年以降発売が期待される新型車・フルモデルチェンジ&新車情報

新型フェアレディZ

現行フェアレディZ

現行フェアレディZ

日産は「フェアレディZ」のフルモデルチェンジを行い、2021年ごろ発売すると言われています。

価格は約600〜700万円ほどになると予測されます。

日産自動車の伝統のスポーツカー、『フェアレディZ』(海外名:『370Z』)。同車の次期型を予告する映像が、5月28日に公開された。

この動画は、日産が公式サイトで配信したもので、タイトルは『NISSAN NEXT: From A to Z』だ。日産は5月28日、2023年度までの4か年計画を発表した。この4か年計画において、今後18か月で12の新型車を投入することを公表している。

さらに日産は、C/Dセグメント、電気自動車、スポーツカーをグローバルなコアモデルセグメントに位置付け、集中投資を行うことも発表した。次期フェアレディZは、この集中投資を受けて、開発が進められていると見られる。

日産が配信した映像では、今後18か月に投入される12の新型車が予告されている。ボディタイプは、コンパクトカーからSUV、ピックアップトラックなど幅広いが、この映像の最後に登場するのが、次期フェアレディZだ。

新型アリア

《photo by Nissan》日産 アリア コンセプト

《photo by Nissan》日産 アリア コンセプト

【スズキ】2021年以降発売が期待される新型車・フルモデルチェンジ&新車情報

スズキ 新型アルトワークス

《APOLLO NEWS SERVICE》スズキ アルトワークス 次期型 予想CG

《APOLLO NEWS SERVICE》スズキ アルトワークス 次期型 予想CG

スズキの軽、アルト、および高性能モデルのアルトワークスのフルモデルチェンジが控えているといわれています。

アルトは早ければ2020年、アルトワークスは2021年に発表されるとのこと。

アーキテクチャには、最新世代の「ハートテクト」プラットフォームを採用し、剛性を高め、軽自動車としては余裕の居住空間を提供してくれるだろう。注目は、ISG(モーター機能付発電機)による同ブランドのマイルドハイブリッドシステム「Sエネチャージ」の搭載だ。これまでの「エネチャージ」が進化。モーターによるエンジンアシストを可能にし、40km/h以上の低燃費、動力性能の向上が実現する。

安全面では現行モデルでも搭載されている「デュアルセンサーサポートブレーキ」をアップデートし、さらなる安全性の確保が見込まれる。

スズキ 新型エスクード

《APOLLO NEWS SERVICE》スズキ エスクード(海外名:ビターラ)次期型 予想CG

《APOLLO NEWS SERVICE》スズキ エスクード(海外名:ビターラ)次期型 予想CG

スズキのコンパクト・クロスオーバーSUV、『エスクード』(海外名:ビターラ)次期型に関する情報が入ってきました。

2020年にフルモデルチェンジして発売されるのではないかと見られていましたが、2021年以降になりそうです。

【ダイハツ】 2021年以降発売が期待される新型車・フルモデルチェンジ&新車情報

ダイハツ 新型ブーン

ダイハツ ブーン現行モデル

ダイハツ ブーン現行モデル

先に述べたブーンのOEM車トヨタパッソと同様に、ダイハツのブーンも2021年のフルモデルチェンジが予想されています。

2016年に現行モデルとなる3代目を発売し、2018年には丸みを持たせたキュートなデザインが特長の新グレード「ブーンスタイル」が設定されたブーン。

新型ブーンはどのような姿を見せてくれるのでしょうか。

【三菱】 2021年以降発売が期待される新型車・フルモデルチェンジ&新車情報

次期型アウトランダー

《photo by Mitsubishi Motors》三菱 アウトランダー の2020年モデル(米国仕様)

《photo by Mitsubishi Motors》三菱 アウトランダー の2020年モデル(米国仕様)

《photo by Mitsubishi Motors》三菱 アウトランダー の2020年モデル(米国仕様)

《photo by Mitsubishi Motors》三菱 アウトランダー の2020年モデル(米国仕様)

三菱自動車の米国部門は、次期『アウトランダー』(Mitsubishi Outlander)を、2021年初頭にワールドプレミアすると発表しました。

現行アウトランダーは2世代目モデル。2012年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2012で初公開されています。米国市場では、三菱自動車の主力車種のひとつです。

次期アウトランダーは、現行型よりもボディサイズが大型化されます。また、次期型は、米国でこれまでに販売された三菱車の中で、最も静粛性が高く、最も装備が充実しているとのこと。

【まとめ】2021年以降も気になる新型車・新車が目白押し!

本記事では一足お先に2021年以降発売が予測される新型車(国産車)情報をお届けいたしました。

2021年も気になる新車が満載ですね!

続報が入り次第、記事を更新いたします。

新型車情報2019年版はこちら

その他、おすすめの記事はこちらです

関連する投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。