トップへ戻る

外車・国産の高級車9選!

外車・国産の高級車9選!

一昔前までは、高級車と言えばロールスロイスがまず思い浮かびましたが、今では金額だけなら楽にロールスロイスを超える車が多く販売されています。そもそも金額の高い車だけを指して高級車と呼ぶのでしょうか?金額だけでは計り知れない魅力の高級車を今回はご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


高級車とは

ロールスロイス ゴースト シリーズII

ロールスロイス ゴースト シリーズII

自動車メーカーは、消費者のニーズに応じて車種ごとにいくつかのグレードを設けています。ほとんどの自動車メーカーは、平均的な収入の人が購入できるような大衆車を多く生産しています。

それでも富裕層や公用車向けに、グレードの高い高級車も存在します。高級車に該当する車種については、価値観や国・地域ごとに異なります。

例えば日本国内では大衆車として知られるトヨタ・カローラも、東南アジアでは高級車とみなされます。

高級車と大衆車の捉え方は人それぞれですが、日本国内であれば任意保険(車両保険)の「型式別料率クラス」で定義されるという考えがあります。

日産・シーマ

日産・シーマ

料率クラスが最高の車種はレクサスLS・LXや、欧州車であればメルセデスベンツやランボルギーニガヤルドなどがあります。

国や地域に関係なく全ての人が高級車として認めるような車種はかなり限られますが、いくつか存在します。有名なものであれば、ロールスロイスやマイバッハなどがあります。

これらの車はいずれもセグメントFまたはLタイプに属しており、ボディの全長は5mを超えます。このクラスの乗用車は価格が1000万円以上で、平均的な収入の一般庶民は購入できません。

販売価格が高いですが、高級車には各メーカーが持つ最先端の技術が多く盛り込まれているという特徴があります。

海外メーカーの高級車

ロールスロイス ゴースト シリーズII

ロールスロイス ゴースト シリーズII

海外メーカーで高級車ブランドには、ポルシェ・BMW・メルセデスベンツ・ベントレー・フェラーリ・ランボルギーニ・ロールスロイスなどが有名です。

これらのブランドには乗り心地が快適な大型セダンや、走行性能が際立って優れているスーパーカーなどが含まれます。

セダンの高級車たち

セダンタイプの高級車であれば、ロールスロイス・ファントム、メルセデスマイバッハ、ベントレーなどが知られています。

いずれも全長が5mを超えており、エンジン排気量は5Lかそれ以上です。これらの乗用車は富裕層の個人だけでなく、王族や要人の公用車としても使用されています。

セダンタイプの乗用車はキャビンと荷物スペースが明確に分かれており、後席の快適性が高いという特徴があります。

ハッチバックタイプの乗用車と比べると静粛性に優れており、低重心で走行安定性が高いという利点もあります。

ロールスロイス・ファントム

ロールス・ロイス ファントム

ロールス・ロイス ファントム

ロールスロイスは英国の有名な自動車メーカーで、高級車の代名詞のような存在です。ファントムはロールスロイスが製造する乗用車の中でも、最高位に君臨するフラッグシップモデルです。

最新型のファントムVIII(EWB)は排気量が6.75LでV12気筒エンジンを搭載し、最大出力は571馬力に及びます。

全長は5,990mmで、全高は1,645mmもあります。背の低い女性であれば、体を屈まなくても楽に乗車できます。

キャビンは後席の快適性が重視されており、走行時の遮音性が高いという特徴があります。車両重量は約3tもありますが、0~100km/h加速は5.4秒でスポーツセダン並みの俊足性を誇ります。ロールスロイスファントムは、英国や他の国の王室で使用されています。

メルセデスマイバッハS650

メルセデス マイバッハSクラス

メルセデス マイバッハSクラス

メルセデスマイバッハは、同社が生産するSクラスを超える最高級クラスの4ドアセダンの乗用車です。

メルセデスマイバッハ Sクラスには4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載するS560と、6.0リッターV12ツインターボエンジンを搭載するS650の2種類があります。

マイバッハには、メルセデスベンツが培ってきた高い操舵性能と走行安定性の技術が盛り込まれています。

S650は全長が5.5mもあり、後席では背が高い人でもゆったりと足を伸ばせるほどです。日本国内での販売価格は2,930万円で、オプションを追加すると軽く3,000万円を超えます。

スーパーカーの高級車たち

スピードを追求したスーパーカーと呼ばれる車の中にも、高級車が存在します。スーパーカーはスポーツクーペの中でも走行性能に秀でており、最高速度は軽く時速300kmを越えます。軽量な車体に高出力エンジンを搭載しており、“公道を走行可能なレーシングカー”と言える存在です。

フェラーリ・812スーパーファスト

フェラーリ 812スーパーファスト

フェラーリ 812スーパーファスト

812スーパーファストは、イタリアの高級自動車メーカーであるフェラーリが製造する乗用車の中で最高ランクに君臨するスーパーカーです。

6.5LV型12気筒エンジンを搭載し、最高出力は800馬力に及びます。最高速度は時速340kmで、販売価格は約4,000万円からとなっています。

パガーニ・ウアイラ

パガーニ ウアイラ BC

パガーニ ウアイラ BC

ウアイラは、イタリアの高級車メーカーパガーニが2011年に発売したスーパーカーです。1,350kgの重量の車体に排気量6LのV型12気筒エンジン(最高出力730馬力)を搭載しており、最高速度は時速360kmです。

パワーウェイトレシオは1.85kg/PSに達し、V12エンジンを搭載したスポーツカーの中ではトップクラスの性能を誇ります。

パガーニ・ウアイラの生産台数は全世界で100台のみで、販売価格は1台あたり1億5,000万円です。生産台数が少ないことから希少性が高く、入手することが非常に難しい自動車のひとつです。

SUVの高級車たち

高級車と聞くと、多くの方はセダンタイプのVIPカーやスーパーカーを思い浮かべる方が多いかもしれません。

富裕層のニーズに応えるために、実用性を重視したSUVの高級車も存在します。SUVの高級車は高い走行性能とキャビンの快適性に加えて、各自動車メーカーが持つ強みを兼ね備えています。

メルセデスAMG G63

メルセデスAMG G63

メルセデスAMG G63

AMG G63はドイツの高級自動車メーカーとして有名なメルセデスベンツが製造・販売するSUVで、オフロード走行が可能な4WDです。

路面や走行状況に応じて前後の駆動トルク配分が変化し、悪路の走破性が高められています。AMG G63は加速性能にも優れており、0~100km/h加速が4.5秒で最高速度は時速240kmに達するほどです。

これはスポーツカーに匹敵するほどの高い走行性能を誇るSUVで、販売価格は2,194万円に設定されています。

ランドローバー・レンジローバー

ランドローバー・レンジローバー

ランドローバー・レンジローバー

レンジローバーは、英国の自動車メーカーのランドローバーのフラッグシップモデルです。同社の持つ最高の技術が盛り込まれており、走行性能と耐久性を追求した5ドアSUVです。

レンジローバーは高級SUVの先駆け的な存在で、かつては「砂漠のロールスロイス」と呼ばれていました。

現行モデルは軽量なオールアルミモノコック構造が採用されおり、高い走行性能と乗り心地の良さを両立させています。

日本も負けてない!日本メーカーの高級車

トヨタ センチュリー

トヨタ センチュリー

高級車の多くは海外ブランドですが、日本車にも乗り心地や走行性能の高い車種が存在します。国産車の高級車(Fセグメントのセダン)は、トヨタや日産が生産・販売しています。

日本メーカーの高級車は国内の企業・公的機関の公用車などに加えて、皇室用の御料車に使用されています。近年は、葬儀社が洋型霊柩車に改造した高級国産車を使用するケースもあります。

トヨタ・センチュリー

トヨタ センチュリー

トヨタ センチュリー

4ドアセダンのセンチュリーは、トヨタ自動車のフラッグシップモデルです。全長5.3mで海外の高級車にも引けを取らないサイズです。

センチュリーは国内での販売しか想定されておらず、細部に至るまで純和風な高級車と言えます。センチュリーのV8ハイブリッドのパワートレインやプラットフォームは、4代目レクサスLSのものを改良したものが採用されています。

電気式無段階変速機が採用されているので、スムーズに加速します。トヨタやレクサスブランドの他の車とは異なり、ボディは熟練工が手作業で最終の仕上げ調整をする方法で組み立てられています。

後席のサイドシルと床面の段差が低く、和服を着用した女性でも乗り降りがしやすいように配慮されています。ちなみにセンチュリーの販売価格は、約2,000万円です。

レクサス・LS

レクサス LS500h

レクサス LS500h

レクサスLSはトヨタ・セルシオの後継車種として発売された4ドアセダンの高級車で、レクサスブランドの最高級モデルです。現行モデルは2017年10月に発売され、ガソリンエンジンとハイブリッドモデルの2種類があります。

レクサスLSは輸出を考慮して設計されており、競合車種のメルセデス・ベンツSクラスやBMW7シリーズを意識したデザインが採用されています。

LS500は販売台数が多いのでセンチュリーよりも価格が低く抑えられており、販売価格は約1,000万円(ガソリンエンジン)です。

日産・シーマ

日産シーマ

日産シーマ

1988年に登場したシーマは、日産ブランドの乗用車の中で最上級のフラッグシップモデルです。ボディの全長は5120mmでFセグメントに属し、競合車は同クラスのレクサスLSなどがあります。

レクサスやクラウンなどと比較するとシーマの販売台数は少ないですが、他の車種にはない特徴を備えています。

シーマ(現行モデル)のパワートレインはハイブリッド仕様のみで、燃費性能が大幅に向上しました。走行状況に応じて、モーターのみ・エンジン+モーター・エンジン走行+充電・回生ブレーキなどに切り替わります。

ちなみにシーマの燃費性能はJC08モードで16.6km/Lで、ガソリンエンジンのFセグメント車における平均的な燃費値を大きくを上回ります。

まとめ

トヨタ センチュリー

トヨタ センチュリー

高級車は大きくて豪華に見える車と思われがちですが、見えない部分にも多くの最新技術や工夫が盛り込まれています。

新技術については、最初に高級車で採用された後に大衆車にも搭載されるようになるケースが少なくありません。

自動車の分野で最先端の技術について興味がある方は、高級車を深く調べてみることをおすすめします。

関連する投稿


あの高級車が知りたい!最新高級車を徹底解説!

あの高級車が知りたい!最新高級車を徹底解説!

普通の自動車よりも、使い心地が格段にあがる高級車。一度は乗ってみたいですよね。しかしどの程度の価格帯から高級車と呼ばれるのか、その基準や高級車の特徴について知らない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は高級車の魅力や定義、さらにおすすめの高級車をご紹介します。


「走る不動産」フェラーリF40、レンタカーで乗れるってホント?!

「走る不動産」フェラーリF40、レンタカーで乗れるってホント?!

「走る不動産」「走る宝石箱」などと呼ばれたフェラーリF40。この総生産台数1,311台のF40はフェラーリの中でも別格の一台と言えるでしょう。では、なぜこれほどまでにも人気があるのかを今回は見ていきましょう。


【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

SUV全盛の世の中ですが、やはり、美しいデザインを持つクルマと言えば、クーペです。クーペには、クーペにしか持ち得ない華やかさがあります。世界中の美しいクーペを、一緒に見ていきましょう!


【新春初夢特集】夢のスーパーカーをドドンと紹介!

【新春初夢特集】夢のスーパーカーをドドンと紹介!

自動車の華と言えば、スーパーカーをおいて他にありません。現在、世界中で様々なスーパーカーが発表されています。今回は、新春特別企画として、世界の一流メーカーが発表しているスーパーカーをご紹介します!


知ってたら車通!「億超え」の超高級車最新まとめ!20億円の車とは?

知ってたら車通!「億超え」の超高級車最新まとめ!20億円の車とは?

目も眩むようなハイエンドスーパーカーや、芸術品のような調度が施された超高級車たち。もはや実物を見ることは叶わないものがほとんどと思われますが、それでもどんな車なのか、そしてそんな車がどれくらいの価格なのか知りたくはありませんか。この記事では、筆者調べで現在世界でもトップクラスの価格を誇る超高級車たちをまとめてみました。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。