目次へ戻る

レクサス車種一覧 価格・特徴・中古車価格ほか 最新情報

レクサス車種一覧 価格・特徴・中古車価格ほか 最新情報

レクサスと聞くと高級車だし自分には関係のない車。と決めつけている人はいませんか。それはもったいない!レクサスはもちろん高級車ですが、価格からボディタイプまで様々です!本記事では、現行レクサスを一覧にし、特徴や新車価格の相場、中古車価格、試乗記などをまとめています。随時更新しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


レクサスNX 最新情報

レクサス NX300(ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング)

レクサス NX300(ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング)

レクサスNXは、2018年に一部改良を行い、5月6日より発売されています。価格はNX300hが505万7345円から597万7309円、NX300が442万5055円から534万5018円から。

レクサス NX300h(ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング)

レクサス NX300h(ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング)

今回の一部改良では、単眼カメラとミリ波レーダーの性能を向上。プリクラッシュセーフティは昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能とした。そのほか、自動車専用道路等でレーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」、主要な道路標識をメーターとヘッドアップディスプレイ内に表示する「ロードサインアシスト(RSA)」、先行車の発進をメーターとヘッドアップディスプレイ内での表示とブザーで知らせる「先行車発進告知機能(TMN)」を備える。

また、コーナリング中、アクセルを踏み込んだ際に発生しやすいアンダーステアを抑制するアクティブコーナリングアシスト(ACA)を全車に標準設定。優れた旋回性能と高い車両安定性を実現する。

本革シート(ブラック&アクセントサンフレアブラウン)

本革シート(ブラック&アクセントサンフレアブラウン)

レクサス NX レビュー・評価・口コミ

レクサスNX

レクサスNX

NX300hの走りは質感に優れたものだ。発進を電気モーターだけで行い、静かにするすると走り出していく。エンジンがかかった後の低速域でのトルク感のある走りも好ましい。アクセルを踏み込むとハイブリッドの特性を生かして静かで滑らかに加速していく。いかにもプレミアムSUVらしい走りのフィールである。

NX300hではスポーティな仕様の“Fスポーツ”にも試乗した。スペックなどを見ると標準仕様との違いはそう大きなものではないが、ワインディングを走らせると、コーナーでの挙動がより落ち着いた感じになり、一段と安定感のある走りを示すからだ。

標準のNXに対し、AVSやパフォーマンスダンパーなど、充実した仕様が盛り込まれていることが、走りの良さにつながっている。NXを買うなら200tを選ぶにしても300hを選ぶにしても“Fスポーツを選択するのが正解だと思う。

レクサス IS(アイエス)

レクサスIS

レクサスIS

レクサスIS(アイエス) は、レクサスセダンの中でも一番手ごろなセダンです。

2017年の10月に、仕様が変更され、2.0Lターボエンジン搭載車の名称を「IS200t」から「IS300」に。

現行モデルは、IS350、IS300h、IS300があります。また、2007年~2014年まで設定され販売されていた高性能モデル「IS F」が復活の兆しを見せており、期待が高まっています。

お値段は470万円からですが、2019年以降にIS新型が発売予定と噂されていますので、少しでもお安く現行車を購入したい方は、新型車発売を待って、現行モデルを中古で購入することをオススメします。

レクサス IS 中古車価格・相場は?

レクサス IS350 バージョンL

レクサス IS350 バージョンL

レクサスISの中古車価格は、以下の通りです。

平均価格:298.6万円
価格帯:128.9万円~580 万円
※2019年7月現在

レクサス IS レビュー・評価・口コミ

レクサスIS

レクサスIS

2016年にマイナーチェンジされたレクサス『IS』。足まわりのリフレッシュを行ったISは、上質な乗り心地を手に入れるとともに、走りの正確さも増した。

レクサスISの機能面での最大の変更点は、足まわりのセッティング変更にある。新しいISはショックアブソーバーの伸縮速度が非常にゆっくりとした低速状態から高い減衰力を発生するものに変更したほか、フロントロアアームのアルミ化などが行われている。

サスペションがゆっくりと上下する低速での走りでも、浮ついた感じが減っているのが大きな特徴。サスペションの動きが低速というのは車速に完全に比例するものではない。例えば路面が大きくうねっている高速道路などでは、車速は速くてもサスペションの動きはゆっくり。そうした部分でブワついた動きがなくなったというのが今回のISの特徴だと言える。

レクサスIS 最新情報

《APOLLO NEWS SERVICE》レクサス IS 次期型 予想CG

《APOLLO NEWS SERVICE》レクサス IS 次期型 予想CG

レクサスのミッドサイズ・4ドアセダン『IS』次期型に関する情報を兄弟サイトであるSpyder7が入手しました。※情報をもとに予想CGを制作しています。

ISの次期型では、新型『クラウン』と共有するFR用「TNGA」(レクサスではLNGA)プラットフォームを採用。ホイールベースを始め、全長、全幅、全高ともに若干拡大されると考えられています。

エクステリアデザインは、現行のセダンシルエットからフロント・リア部分に傾斜を取り入れたクーペシルエットに大幅変更されます。

また、それに伴い、リア周りに膨らみを持たせたデザインでグラマスさが強調されると予想。さらにヘッドライト、コーナーエアインテークにシャープさを加えたデザインに、またL型LEDも大型化し、プロジェクターライトも縦型三連でより存在感がアピールされたフロントエンドが期待できそうです。


ワールドプレミアは2021年あたりを予定しているとのことです。

IS Fも登場する!?

《APOLLO NEWS SERVICE》レクサス IS F 次期型(予想CG)

《APOLLO NEWS SERVICE》レクサス IS F 次期型(予想CG)

レクサスのミドルクラス4ドアサルーン、『IS』次期型の情報がでていますが、それに加えてかつて設定されていた最強モデル『IS F』が復活する可能性が高いことがわかっています。

IS F新型のパワートレインは、現行『LS』に搭載されている3.5リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は422psを発揮。10速ATと組み合わされると予想されます。

IS Fは2022年にも登場が期待できそうとのことです。今から期待してしまいますね。

レクサス RX(アールエックス)

レクサス RX450hL

レクサス RX450hL

レクサス RX450h version L

レクサス RX450h version L

RXは、「高級セダンの乗り心地と快適性を兼ね備えたSUV」として開発されました。初代と2代目は国内に限り、トヨタのハリアーとして発売されました。

3列シート・7人乗りのロングバージョンである「RX350L」、ハイブリッドモデルの「RX450hL」が2017年に投入されています。

価格は497万2000円から。

レクサス RX 中古車価格・相場は?

レクサス RX450hL

レクサス RX450hL

レクサスRXの中古車価格は、以下の通りです。

平均価格:525.4万円
価格帯:389万円~829.8 万円
※2019年7月現在

レクサス RX レビュー・評価・口コミ

RX450L

RX450L

レクサスRX450hLは普段は3列シートを折り畳み、2列シート+広大な荷室というリゾートエクスプレス的な用途をメインとする顧客にとっては十分に魅力的なモデルと言えそうだった。何より2列シートモデルに対して乗り心地の点で大きなアドバンテージがあるのが大きい。乗り味はダンピングの効いた欧州プレミアムの滑らかさとは違うアメリカ車的鷹揚さに満ちたものだが、そういうクルマが少なくなった今日ではむしろ個性的な味とも言える。

一方でフル7シーターが欲しいというカスタマーにとっては、3列目が狭すぎて購入対象になりそうもない。もっとも、狭いと言っても子供しか乗れないというほど狭いわけではない。3列目には小柄な人が乗るというフォーメーションを取れるならば、今回のように連続乗車がせいぜい2時間以内というショートドライブでは多人数乗車モデルとしてまあまあ使い物になる。そういうエマージェンシーが欲しいカスタマーには貴重な選択肢の一つとなるだろう。(編集部注:8月のマイナーチェンジでは3列目シートが改良され、足元の空間を広げたポジションが選べるようになる。)

レクサス RC(アールシー)

レクサス RC

レクサス RC

RCは、レクサスISをベースにした高級2ドアスポーツクーペです。

スポーティーな一方、乗り心地も忘れない一台です。まさに実用的なクーペだと言えますね。

価格は567万円から。このRCから、エントリーモデルの価格が500万円を超えてきます。

改良新型RCも控えており、早ければ10月に行われるパリモーターショー2018で披露されるのではないかと言われています。

レクサス RC 中古車価格・相場は?

レクサスRC300h

レクサスRC300h

レクサスRCの中古車価格は、以下の通りです。

平均価格:416.4万円
価格帯:299万円~580 万円
※2019年7月現在

レクサス RC レビュー・評価・口コミ

レクサスRC(2015)

レクサスRC(2015)

RCには「RC350」と「RC300h」の2モデルが基本として設定されている。RC350にはV型6気筒3.5リットルエンジンが、RC300hには直列4気筒2.5リットル+電気モーターのハイブリッドシステムが搭載されている。

この両モデルに試乗し、果たしてこのラインナップで良いのかと思った。RC350は走りのパフォーマンスは十分なものがあるが、環境性能とエコカー減税に全く届かないレベルである。せめてアイドリングストップ機構くらいは装着してほしい。

RC300hは燃費を中心に環境性能は素晴らしいが、クーペらしいスポーティな走りとなると何とも物足りない。なので、どちらもRC用のパワートレーンとして中途半端であるように思えた。

レクサスRC 最新情報

《画像:トヨタ自動車》レクサス RC300hバージョンL

《画像:トヨタ自動車》レクサス RC300hバージョンL

レクサスは、2ドアクーペ『RC』を一部改良し、10月31日より販売を開始しています。

RCは、2014年の発売以来、クーペならではの人を魅了するデザインと、走りへの情熱を駆り立てる走行性能を兼ね備えたモデルとして、レクサスの「エモーショナルな走り」のイメージをけん引してきました。

今回の一部改良では、マルチメディアシステムがスマートデバイスリンク(SDL)に対応。SDLは、スマートフォンのアプリをカーナビなどの車載機ディスプレイに表示、操作を可能にする連携機能。さらにApple CarPlayやAndroid Autoにも対応。iPhoneやAndroidスマートフォンを10.3インチワイドディスプレイに連携することで、画面操作や音声操作が可能になるなど利便性が大きく向上しています。

気になる価格は567万9000円から721万7000円です。

レクサス GS(ジーエス)【4月23日更新】

レクサスGS450h

レクサスGS450h

レクサスGSとは、レクサスのセダンラインナップの中でISよりも大きく、LSよりも小さい中間にあたるセダンです。

中間とはいえ、サイズ感は実際に見ると大きく、Eセグメントのくくりになります。

快適な室内空間はもちろんですが、「GS(Grandtouring Sedan)」という車名の通り、スポーティー感覚を売りにした、グランドツーリングセダンと言われています。2012年に4代目GSが発売され、2020年にフルモデルチェンジが控えていると言われています。

高性能モデルのGS Fも販売されています。価格は577万円から。

レクサス GS グレード別価格

レクサスGS グレード別価格(2020年3月現在)

GS450h
“version L” 2WD (FR)
8,602,407円 (7,820,370円)
GS450h
“F SPORT” 2WD (FR)
8,630,926円 (7,846,296円)
GS450h
“I package” 2WD (FR)
7,980,093円 (7,254,630円)
GS450h
2WD (FR)
7,576,759円 (6,887,963円)
GS350
“version L” 2WD (FR)
7,585,926円 (6,896,296円)
GS350
“F SPORT” 2WD (FR)
7,614,444円 (6,922,222円)
GS350
“I package”2WD (FR)
6,963,612円 (6,330,556円)
GS350
2WD (FR)
6,560,278円 (5,963,889円)
GS350
“version L” AWD
7,800,834円 (7,091,667円)
GS350
“F SPORT” AWD
7,635,834円 (6,941,667円)
GS350
“I package” AWD
7,194,815円 (6,540,741円)
GS350
AWD
6,791,481円 (6,174,074円)
GS300h
“version L” 2WD (FR)
7,303,797円 (6,639,815円)
GS300h
“F SPORT” 2WD (FR)
7,122,500円 (6,475,000円)
GS300h
“I package” 2WD (FR)
6,681,481円 (6,074,074円)
GS300h
2WD (FR)
6,278,148円 (5,707,407円)
GS300
“version L” 2WD (FR)
6,913,704円 (6,285,185円)
GS300
“F SPORT” 2WD (FR)
6,732,407円 (6,120,370円)
GS300
“I package” 2WD (FR)
6,291,388円 (5,719,444円)
GS300
2WD (FR)
5,888,056円 (5,352,778円)


レクサス GS 中古車価格・相場は?

レクサス GS200t バージョンL

レクサスGSの中古車価格は、以下の通りです。

平均価格:234.3万円
価格帯:108.9万円~660 万円
※2019年7月現在

関連する投稿


【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

新車販売台数ランキング!この記事では、2019年の販売台数を元に、SUVをはじめとして、その他のボディタイプ別のランキングもご紹介します。(※ランキングの情報は全国軽自動車協会連合会と日本自動車販売協会連合会の情報を参照しています)(2020年更新しました)


【2020年最新版】セダンの人気ランキングTOP6&おすすめ車種を一挙掲載

【2020年最新版】セダンの人気ランキングTOP6&おすすめ車種を一挙掲載

「セダン」。セダンと単に言っても、スポーツセダンからコンパクトセダンまで、様々なタイプのモデルが存在しています。最も売れているセダンは何なのか、人気ランキング形式で車種の燃費やスペック、価格等を比較できるよう紹介していきます。クルマ選びの参考にしてください。(※自販連より/2020年上半期を元に作成)


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報、気になる発売日やネットでの反応も!随時更新です。


超大型セダン マイバッハ!新車・中古車情報をご紹介

超大型セダン マイバッハ!新車・中古車情報をご紹介

20世紀初頭にドイツで誕生した伝統あるブランド「マイバッハ」。マイバッハは乗る者に最高のステータスを約束する超大型セダンです。今回は長い沈黙を破り21世紀に復活を遂げた最高級セダン、マイバッハの魅力を伝えます。


【新型予想】噂の新型レクサスRX!ライバルSUVの最新情報も

【新型予想】噂の新型レクサスRX!ライバルSUVの最新情報も

近い将来、フルモデルチェンジが行われると言われるレクサスのプレミアムSUV「RX」。人気の高い車種だけにユーザーにとっては登場が待ち遠しい車です。今回は気になる新型レクサスRXの価格やスペックを予想します。


最新の投稿


スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

最近、多くの車種に採用されているスマートキー。その特徴と注意点をおさらいしましょう。メーカーによって異なるスマートキーシステムの呼称についても解説します。


ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキを踏む度に何やら嫌な音がしている。気にはなるけど放置している人はいませんか?重大なトラブルのシグナルかも知れませんよ。今回の記事では、ブレーキの鳴きの原因とその対処法について詳しく解説します。


【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

教習所で苦戦する人が多い縦列駐車。免許取得後も、やり方を忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。今回は縦列駐車のコツや手順、おすすめの動画などを合わせて掲載しています。


【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめています。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。