トップへ戻る

【2020年最新版】スズキの発売する現行車種一覧

【2020年最新版】スズキの発売する現行車種一覧

いろいろな意味で独自路線を展開し、根強く愛すべきスズキユーザーを生み出してきたスズキ、そんなスズキが2020年に販売する現行車を一覧にしてみました。2020年にスズキの車の購入を検討している方は要チェックです。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スズキの現行ハッチバック一覧

小型で街中での取り回しやすさに優れているようなモデルから、スポーティーなモデル、良い意味でハッチバックらしくないモデルまで、多種多様なハッチバックタイプの車種が用意されています。

イグニス

イグニス

ボディサイズの割に力強さや存在感を持っているのがイグニスの特徴の1つです。

全グレードがハイブリッドシステムを搭載しています。エンジンは1.3Lの直列4気筒エンジン、変速機はCVTの組み合わせです。エンジンスペック的には軽自動車よりも出力は30馬力弱で最大トルクは1.5Lコンパクトカー同等で、一般道に適した程よい力強さが体感できるでしょう。

イグニス 情報(燃費・ボディサイズ・乗車定員・価格・中古車価格ほか)

■JC08モード燃費(km/L):25.4~28.8

■ボディサイズ
全長×全幅×全高(mm):3,700x1,660x1,595
ホイールベース(mm):2,435

■乗車定員(名):5

■メーカー希望小売価格(消費税10%込)
1,408,000~1,978,900円

■中古車相場
49.8~180.0万円

※新車情報は公式サイト調べ(2019年12月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2019年12月現在)

イグニスをもっと深堀り!

イグニス

イグニスでは新開発のプラットフォームが採用されています。これによってエンジンルームを小さくすると同時に車内のスペースを確保・前席の座面位置を高くして視野の確保・調整式リアシートの採用などを行って快適性・運転のしやすさ向上にも成功しているのです。

HYBRID MZグレードには7速マニュアルモード付きパドルシフトが装備されているので、刻み良いシフトアップ・ダウンを楽しむことができます。

スイフト

スイフトとは?

スイフト

国産ハッチバックを代表する自動車の1つです。老若男女から愛されるデザインは、スタイリッシュでもありながらスポーティーでもあります。

ガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルの2つに大きく分けられます。ハイブリッドモデルはハイブリッドとマイルドハイブリッドに、ガソリン車はNAエンジンとターボエンジン搭載モデルから選択可能です。

スイフト 情報(燃費・ボディサイズ・乗車定員・価格・中古車価格ほか)

■JC08モード燃費
ガソリン車(km/L):20.0~24.0
ハイブリッド車(km/L):25.4~32.0

■ボディサイズ
全長×全幅×全高(mm):3,840x1,695x1,500~1,525
ホイールベース(mm):2,450

■乗車定員(名):5

■メーカー希望小売価格(消費税10%込)
1,483,900~2,46,000円

■中古車相場
48.5~289.0万円

※新車情報は公式サイト調べ(2019年12月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2019年12月現在)

スイフトをもっと深堀り!

スイフト

変速機には5MTとCVTの2つが用意されています。シフトノブ周りや各種ディスプレイなどのコックピット周りもスポーティーなデザインをしていて、日々の街乗りでも運転を楽しくさせてくれる点が魅力的です。

プラットフォームにはHEARTECT(ハーテクト)と呼ばれる新開発のものを採用、快適な車内空間の提供に貢献しています。

バレーノ

バレーノとは?

バレーノ

腰を据えて落ち着きのある、そして安定性の高そうな曲線的ボディフォルムを持っているのがバレーノです。インテリアデザインは部分的に採用されているシルバーアクセントがスタイリッシュな印象を与えます。各種メーターもスポーティーなデザインです。

グレードは2つ用意されています。駆動方式は前輪駆動、変速機は6ATまたはCVTです。エンジンは1.0L 直列3気筒直噴ターボエンジン、最高出力75kW(102PS)/5,500rpmに最大トルク150N・m(15.3kgf)/1,700-4,500rpmのスペックとなっています。

バレーノ 情報(燃費・ボディサイズ・乗車定員・価格・中古車価格ほか)

■JC08モード燃費(km/L):19.6~24.6

■ボディサイズ
全長×全幅×全高(mm):3,995x1,745x1,470
ホイールベース(mm):2,520

■乗車定員(名):5

■メーカー希望小売価格(消費税10%込)
1,573,000~1,760,000円

■中古車相場
79.9~155.2万円

※新車情報は公式サイト調べ(2019年12月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2019年12月現在)

バレーノをもっと深堀り!

バレーノ

スズキのハッチバック車両のラインアップを支える車種の1つであるバレーノ、スイフトやイグニスと比較するとSUVやセダンのようなフォルム・デザインを感じさせる一面があるなど、スズキのハッチバック車の中でも独特な1台となっています。

スズキの現行スポーツカー一覧

スズキのスポーツカーラインアップはアルトワークスとスイフトスポーツの二大巨塔で、2020年も引き続き継続されます。価格的にも性能的にも、週末のドライブからスポーツ走行、競技に真剣に取り組む方をも惹きつけるスズキのスポーツカーラインアップは2020年も注目の1つです。

スイフトスポーツ

スイフトスポーツとは?

スイフトスポーツ

スズキを代表するスポーツカーであると同時に、国産スポーツハッチバックを代表する1台であるのがスイフトスポーツです。スタイリッシュでスポーティー、その洗練されたスタイルは毎日の運転を至高なものへと誘います。

駆動方式は前輪駆動、変速機は6MTと6ATの2種類です。エンジンは1.4L 直列4気筒直噴ターボ DOHC16バルブVVTエンジンになります。先代スイフトスポーツまではNAエンジンでしたから、現行モデルがターボエンジンを採用しているのは大きな変化とも言えるでしょう。

スイフトスポーツ 情報(燃費・ボディサイズ・乗車定員・価格・中古車価格ほか)

■JC08モード燃費(km/L):16.2~16.4

■ボディサイズ
全長×全幅×全高(mm):3,890x1,735x1,500
ホイールベース(mm):2,450

■乗車定員(名):5

■メーカー希望小売価格(消費税10%込)
1,870,000~2,097,700円

■中古車相場(スイフト全般)
55.9万円~289.0万円

※新車情報は公式サイト調べ(2019年12月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2019年12月現在)

スイフトスポーツをもっと深堀り!

スイフトスポーツ

6MTモデルは車両重量が970kgとなっています。最近の自動車は安全装備などの関係で車両重量が重たくなる傾向にありますが(重たいから性能が落ちたというわけではない)、そのような時代背景がある中で1トンを切る車両重量を達成している点は大きな評価点です。内装部品、シート、パワートレインなど、徹底的に軽量化が施されています。

エンジンは最高出力103kW(140PS)/5,500rpmに最大トルク230N・m(23.4kg・m)/2,500-3,500rpmで、スポーツ走行をするのであれば申し分ないスペックです。

現代のスポーツカーに乗りたい方なら誰にでもオススメします。

アルトワークス

アルトワークスとは?

アルトワークス

メーカーが製作したアルトのスポーツ仕様、それがアルトワークスです。軽自動車のスポーツカーで、ダイハツ コペンとホンダ S660と共に軽スポーツカー御三家としてのポジションを確立しています。

通常のアルトにはないスポーティーなカラーリングやデザイン、ホイールにキャリパーなどで差別化を図り、専用チューニングが施されたR06A型ツインカムターボエンジンを搭載、コスパの良いスポーツカーが欲しいならこれを買って間違いなしです。

エンジンは最高出力47kW(64PS)/6,000rpmに最大トルク100N・m(10.2kg・m)/3,000rpmのスペック、ターボチャージャーが搭載されているので軽自動車の中でも力強い走りを生み出します。

アルトワークス 情報(燃費・ボディサイズ・乗車定員・価格・中古車価格ほか)

■JC08モード燃費
ガソリン車(km/L):22.0~23.6

■ボディサイズ
全長×全幅×全高(mm):3,395x1,475x1,500
ホイールベース(mm):2,460

■乗車定員(名):4

■メーカー希望小売価格(消費税10%込)
1,537,800~1,686,300円

■中古車相場
105.0~151.7万円

※新車情報は公式サイト調べ(2019年12月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2019年12月現在)

アルトワークスをもっと深堀り!

アルトワークス

シートにはアルトワークス専用に開発されたレカロシートが採用され、街乗り・ワインディングからスポーツドライビングまで運転を楽しく・快適なドライビングを提供します。

各種メーターはスポーツ色の強いデザインとなり、さらにはブースト圧を知らせてくれるブーストインジケーターも装備されています。

スズキの現行ワゴン一覧

ワゴンタイプの車種のラインアップは、ソリオとソリオ バンディットの2種類となっています。ハイブリッドタイプのグレードがメインとなっており、燃費性能・居住性などを優先事項に置いている方にオススメです。

ソリオ

ソリオとは?

ソリオ

コンパクトなボディを持ちながらも広々とした車内、調整範囲が広いシート、ゆったりと寛ぐことができる後部座席など、至れり尽くせりなコンパクトワゴンカーがソリオです。

グレードは大きく5つに分けられていて、そのうち4つがハイブリッド車になっているなど、ハイブリッドに力が入れられていることがわかります。ハイブリッド車ではJC08モードで32.0km/Lの性能を持つグレードもあるなど、注目です。

ソリオ 情報(燃費・ボディサイズ・乗車定員・価格・中古車価格ほか)

■JC08モード燃費
ガソリン車(km/L):22.0~24.8
ハイブリッド車(km/L):23.8~32.0

■ボディサイズ
全長×全幅×全高(mm):3,710x1,625x1,745
ホイールベース(mm):2,480

■乗車定員(名):5

■メーカー希望小売価格(消費税10%込)
1,486,100~2,272,600円

■中古車相場
39.8~249.0万円

※新車情報は公式サイト調べ(2019年12月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2019年12月現在)

ソリオをもっと深堀り!

ソリオ

ハイブリッド車ではハイブリッドタイプとマイルドハイブリッドタイプに分けられます。HYBRID SZ、HYBRID SXグレードではスイッチ1つで簡単に走行モードとエコモードへの切り替えが可能です。力強い加速を味わいたい時・エコドライブをしたい時というように使い分けて楽しく・お得にドライブしましょう。

ソリオ バンディット

ソリオ バンディットとは?

ソリオ バンディット

先ほど紹介したソリオよりもデザインがよりスタイリッシュで洗練されたものとなっている、それがソリオ バンディットです。ボディカラーにはツートンカラーも用意されていて、デザインの多様性も豊富です。

ソリオ バンディットではハイブリッドモデルのみが展開、ハイブリッドタイプとマイルドハイブリッドタイプから選ぶことができます。

関連するキーワード


スズキ 車種情報

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【今が買い】人気の中古軽自動車 最新狙い目5選を徹底調査!

【今が買い】人気の中古軽自動車 最新狙い目5選を徹底調査!

自動車の価格は業界全体で上昇し続けており、装備テンコ盛りのハイト系に人気が集中していることもあってか、最近は軽自動車でもコミコミ200万円突破!というケースも少なくない現代。そこでおすすめなのが、いわゆる「不人気車」の中古車です。種類豊富な軽自動車だけに、魅力があるのに流れに乗れなかった、値落ち率がかなり高いコスパ最強の中古軽自動車をまとめてみました。


新型スズキ ソリオは新型となってどのように進化したのか?

新型スズキ ソリオは新型となってどのように進化したのか?

スズキは11月25日に、コンパクトワゴンの「ソリオ/ソリオ バンディット」を5年ぶりにフルモデルチェンジしました。サイズアップされて室内が広くなった新型には、他にどんな進化があったのでしょうか?


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


スズキを代表する軽・アルトってどんな車?

スズキを代表する軽・アルトってどんな車?

スズキは長年に渡り軽自動車の製造販売を行ってきましたが、その中でもアルトはスズキを代表するモデルの一つです。今回はアルトについて解説しています。


最新の投稿


「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

車を通常より安く購入する方法にもさまざまなものがあります。中でも相場よりかなり安く購入できることで注目されているのが金融車です。ここでは金融車とは何なのか、そしてメリットやデメリットについてご紹介します。


ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

関東地方を中心としたエリアで聞かれることの多いルーレット族という言葉ですが、案外その定義を知らないという方も多いようです。そこで、ルーレット族の定義や名前の由来などについてご紹介します。


自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズの役割や種類などについて紹介すると同時に、ヒューズ飛びが原因で起こるトラブルや症状などについても解説します。そして、ヒューズ飛びの対策について紹介します。


当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

物損事故の際に警察へ通報せずその場から立ち去る当て逃げは、罰則が適用される立派な法律違反となります。そこで今回は、当て逃げの概要や遭った時の対処法、遭わないためのポイントなどについてわかりやすく解説します。


もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

どれほど注意していても降りかかる可能性があるもらい事故は、起こってしまった際の咄嗟の対処が難しい事故のひとつでもあります。そこで今回は、もらい事故の概要や起こった時の対処法、防止するためのポイントについて解説します。