トップへ戻る

【これで納得】デミオとマツダ2の全てをご紹介!

【これで納得】デミオとマツダ2の全てをご紹介!

マツダのBセグメントコンパクトカーマツダ2は、ついこの間までデミオと呼ばれていました。そこで、なぜ名前が変わったのか?名前以外に違いはあるのか?そして新車のマツダ2と、中古車で購入できるデミオはどんな車なのかを詳しくご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


デミオからマツダ2への名称チェンジの訳

デミオ

マツダ2

モデル名を海外名称に統一する一環として、「デミオ」を2019年7月の商品改良に合わせて「マツダ2」に変えました。

その理由として、マツダというブランドの中で最適な商品を選んでで選ばれたいという思いから、カテゴリーを示す数字で表したとされています。それは外国でも日本でも同じ思いなので、グローバルで統一したモデル名になったのです。

4代目デミオと初代マツダ2の違い

マツダ デミオ SKYACTIV-G 1.5

プレミアムコンパクトへの変身

マツダ2 15Sプロアクティブ Sパッケージ(AWD)

デミオがマツダ2に車名変更されたのはにマイナーチェンジが実施されたタイミングであったため、エクステリアやインテリア、そして、パワーユニットなどは基本的に変わっていません。

ラインナップは、1.5Lのガソリンエンジンとディーゼルエンジン。全グレードで2WDと4WDが選択可能となります。

それでもフロントバンパーの形状が全面的に新しくなり、そして、フロントグリルは左右に大きくなり、シグネチャーウイングもより強調されたデザインとなって「マツダ6」に似たデザインになっています。

デミオはスポーティさを強く意識したデザインであったものが、マツダ2ではより上質な方向へとコンセプトが異なったように感じられます。

機能・装備も上級車並みに

マツダ2

また、ヘッドライトは20分割したLEDユニットによって、アダプティブヘッドライトの機能を向上させ、またクルーズコントロールは「全車即追従機能付」へとバージョンアップされています。
さらに、レーンキープアシストシステムも新設され、運転支援システムも大幅に刷新されした。

そしてシートやサスペンションは「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」の考え方を盛り込んだ味付けを採用しています。

サスペンションはより滑らかな車の動きと快適な乗り心地を実現し、さらには「G-ベクタリングコントロール」もマツダ3、CX-5、CX-8といった上級車同様に「G-ベクタリングコントロールプラス」へとアップグレードされています。

マツダ2 特別仕様車を除く基本グレードと価格

マツダ2 15S プロアクティブ

マツダ2 (特別仕様車を除く)車両本体価格

グレード消費税抜き車両本体価格

2WD(4WD)
15C11,326,50(1,516,500)円
15S1,430,000(1,620,000)円
15S プロアクティブ1,540,000(1,730,000)円
15S プロアクティブ Sパッケージ
1,730,000(1,920,000)円
15S プロアクティブ Lパッケージ
1,900,000(2,090,000)円
15MB
1,500,000円
XD1,730,000(1,920,000)円
XD プロアクティブ1,810,000(2,000,000)円
XD プロアクティブ Sパッケージ1,960,000(2,150,000)円
XD プロアクティブ Lパッケージ
 2,235,000(2,425,000)円

上記価格は2021年1月現在のメーカー公式サイトによります。

マツダ2のスペック


全長×全幅×全高4,065mm×1,695mm×1,500~1,525mm
室内長×室内幅×室内高1,805mm×1,445mm×1,210mm
エンジン1.5Lガソリン 1.5Lディーゼル
最高出力

1.5Lガソリン 81kw(110PS)/6,000rpm

1.5Lガソリン 85kw(116PS)/6,000rpm(MB)

1.5Lディーゼル 77kw(105PS)/4,000rpm

最大トルク

1.5Lガソリン 141N・m(14.4kgf・m)/4,000rpm

1.5Lガソリン 149N・m(15.2kgf・m)/4,000rpm(MB)

1.5LディーゼルECAT 250N・m(25.5kgf・m)/1,500~2,500rpm

1.5Lディーゼル6MT 220N・m(22.4kgf・m)/1,400~3,200rpm

WLTCモード燃費

1.5Lガソリン 17.2~20.2km/L

1.5Lディーゼル 19.0k/L

上記スペックは2021年1月現在のメーカー公式サイトによります。

マツダ2の特別仕様車リスト

マツダ2 特別仕様車 「ホワイト コンフォート」

マツダ 2のグレード体系は、C、S、S プロアクティブ、S プロアクティブSパッケージ、Lパッケージという基本グレードに、複数の特別仕様車から成り立っています。では、それぞれの特別仕様車の内容をご紹介しましょう。

マツダ2 特別仕様車 車両本体価格


消費税抜き車両本体価格
グレード2WD(4WD)
15S スマートエディション
1,452,728(1,642,728)円

15S プロアクティブ スマートエディション

1,634,546(1,824,546)円
15S ブラック トーン エディション
1,634,546(1,824,546)円
15S ホワイトコンフォート
1,970,000(2,160,000)円
15S 100周年特別記念車
2,100,000(2,290,000)円
XD ブラック トーン エディション1,877,273(2,067,273)円
XD ホワイトコンフォート
2,265,000(2,455,000)円
XD 100周年特別記念車
2,335,000(2,525,000)円

上記価格は2021年1月現在のメーカー公式サイトによります。

マツダ2 特別仕様車 スマートエディション

マツダ2 スマートエディション

従来モデルのデミオにも設定されていたお買い得モデルの「スマートエディション」が、マツダ2にも設定されました。

特別に装備さえるのは、走行中の衝突回避をサポートするアドバンストスマートシティブレーキサポートや、車線変更時の後方確認を支援するブラインドスポットモニタリングなど、マツダ車共通の技術に加えて、駐車時や低速走行時に見えない部分の危険察知を支援する360°ビューモニター、暗い夜道の視認性を支援するアダプティブLEDヘッドライトが追加設定されています。

また、快適装備では、フルオートエアコンやスーパーUV&IRカットガラスを追加し、快適な室内空間を実現させています。

スマートエディションは、ガソリンエンジン車の2タイプのみの設定になります。

マツダ2 特別仕様車 「ブラックトーンエディション」

マツダ2 ブラックトーンエディション

12月3日より販売が開始されたばかりの特別仕様車「ブラックトーンエディション」は、“見た人の情熱や挑戦心を奮い立たせる”というコンセプトを掲げ、個性的でスポーティなイメージを強調した特別仕様車です。

15Sプロアクティブをベースにしたそのエクステリアは、ドアミラーカバーとホイールにブラックを採用して見た目を引き締め、インテリアではレッドを強調した素材やパーツを採用して外装とのコンビネーションでスポーティさを演出しています。

15Sプロアクティブと基本的には同装備で同価格でもあるので、好みによって選択することができます。

マツダ2 特別仕様車 「ホワイト コンフォート」

マツダ2 特別仕様車 「ホワイト コンフォート」

特別仕様車「ホワイトコンフォート」は、国産コンパクトカークラスでは唯一となる白本革を基調とした内装の特別仕様車となています。

ベースはマツダ2の最上級グレード「Lパッケージ」で、白本革とグランリュクス(スエード調人工皮革)、メランジ調クロス素材という異なる色や素材を組み合わせたシートにより、モダンで心地良いインテリア空間が演出されています。

また、新色のポリメタルグレーメタリックが、白本革のインテリアをさらに際立たせ、ワンランク上の上質感を感じられる特別仕様車です。

なお、ガソリンエンジン車とディーゼルエンジン車それぞれの2WDと4WDに設定されますが、6MTの設定はありません。

マツダ2 100周年特別記念車

マツダ2 100周年特別記念車

100周年特別記念車は、ベースとなるガソリン車「15S L Package」とディーゼル車「XD L Package」に特別装備を追加しています。

スノーフレイクホワイトパールマイカでのエクステリアには、創立100周年記念バッジをフロントフェンダーに追加し、センターホイールキャップにも創立100周年スペシャルロゴがあしらわれています。

また、インテリアは、ホワイト貴重の「ホワイト コンフォート」とは一変した、赤を基調にコーディネートされていることが最大の特徴となります。

さらに、創立100周年記念バッジ付きのフロアマットやスペシャルロゴが刻印されたヘッドレスト、バーガンディ(ブルゴーニュ産赤ワインの色を由来とする暗めの赤紫色)のフロアカーペットが追加されています。

まとめ

プレミアムハッチへと変貌したマツダ2は、ちょっとお高くなったけれども、その分はしっかりと満足感があるのでコストパフォーマンスは意外に良い車種です。他のコンパクトカーとは少し違う、軽トールワゴンとは全然違うマツダ2の世界を是非一度味わってください。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


マツダ6は内装かっこいい?日本のかっこいいセダンを詳しく解説!

マツダ6は内装かっこいい?日本のかっこいいセダンを詳しく解説!

日本のかっこいいセダン、それがマツダ6です!そして、マツダ6はインテリアも超素敵!本記事では、そんな内も外もかっこいいマツダ6をご紹介します。


【実はコスパが良い?!】マツダ3 セダンの魅力やライバル車との比較!

【実はコスパが良い?!】マツダ3 セダンの魅力やライバル車との比較!

コンパクトなセダンが欲しい、そうお思いのあなた!マツダ3がおすすめです!ライバルのカローラとも比較して見ていきましょう。


【超お買得】マツダの中古車ガイド、おすすめ車種3選!

【超お買得】マツダの中古車ガイド、おすすめ車種3選!

クルマは欲しいけど、新車は高いし・・・と思っているアナタ!大丈夫です!我々にはマツダの中古車があります!マツダのクルマはデザインがカッコいいので、古いクルマには見えない!という素晴らしいメリットがあります!一緒にお買い得なマツダの中古車を探していきましょう!


マツダ2へと生まれ変わったデミオの魅力!コンパクトカーの大本命!

マツダ2へと生まれ変わったデミオの魅力!コンパクトカーの大本命!

長年にわたってマツダのコンパクトカーとして親しまれ続けてきた、デミオ(現マツダ2)の特徴や魅力を解説します。歴史の長いモデルでもあるので、中古車を購入する方向けに過去のモデルについても触れます。軽自動車との違いやメリットなどについてもご紹介するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。