トップへ戻る

30万円以下で購入できる!?中古の日産 軽自動車おすすめ5選

30万円以下で購入できる!?中古の日産 軽自動車おすすめ5選

本記事では「30万円以下」という値段で購入できる中古の日産の軽自動車をご紹介します。貴方の気になる軽自動車はありますか?

⏳この記事は約3~4分で読めます。


30万円以下で買える!?中古の日産軽自動車5選

日産 デイズ

デイズ 2013年モデル

日産 デイズは日産の軽トールワゴン・ブランドです。

三菱のeKシリーズ(3代目以降)の共同開発車として2013年に登場しました。

日産らしい、躍動感あふれるデザインや、燃費性能の高さなどが評価された軽自動車です。

現行モデルは2代目で、2019年より発売されています。

初代の日産デイズの中古車であれば、30万円以下で購入可能です。

 
日産 デイズの中古車情報(2013年6月~2019年2月)
平均価格約87.2万円
価格帯約4万円~163.1万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ 2019年7月現在)

日産デイズ 試乗レビュー・評価

日産デイズ(2013)

日産デイズ(2013)

軽に初めてアラウンドビューモニターを採用した日産『デイズ』。後退時はルームミラーの左端に自車の周りにある障害物の状況や駐車枠の白線に対するクルマの傾き加減などがチェックできるので、運転に不慣れなドライバーをサポートしてくれる嬉しい装備だ。

『デイズ』はハイト系でもSUV系でもない標準的なワゴンだ。見るからに引き締まったコンパクトボディが、パーソナルカーとして親しみやすい。改めて試乗してみても、サッと乗り込み、自分の手足のように自在に運転できる。試乗車はターボだったから、アクセルペダルの踏み込み量に対しシッカリとエンジン性能が発揮され、ストレスなく走れた。

日産 モコ

日産 モコ

日産 モコ

日産のモコは、上質感を追求した軽トールワゴンで、スズキMRワゴンのOEMモデルとして2002年から2016年まで発売されていました。

「モコモコ」からの造語が車名の由来、という点からもわかるように、エクステリアデザインは愛らしいものになっています。

2016年に販売終了となったため、新車で購入することはできませんが、中古車で、安価で手に入れることができます。

購入する際には、3代目(2011~2016年)のSA2(MG33S)型を購入することをおすすめします。

 
日産 モコの中古車情報(2011年2月~2016年5月)
平均価格約58.6万円
価格帯約3.5万円~108.8万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ (2019年7月現在)

日産モコ 試乗レビュー・評価

レンタカー店でノンターボ車を借り、何度か乗りました。
なるべく「ECOランプ」が消えないように乗っただけで、プリウスの燃費なんて屁にもならないくらい燃費いいんです。
市街地が25km/l前後、高速走るとなぜか22km/l前後。
CVTとアイドルストップの違和感は多少気になりますが、広いし、質感もまあまあだし、いいクルマですね。

車の燃費計は25km/L、実際に計算していても21〜28km/Lで、20を下回ることはありません。
5月になり25、26km/Lをキープ中です。

走り始めは音だけで進まずイライラすることもありますが、速度が出ていれば結構楽しめる車。デザインも含めてお気に入りです。

日産 オッティ

日産 オッティ

日産 オッティ

日産のオッティは、2005年から2013年まで発売されていた軽セミトールワゴンです。

2006年にはベースとなるeKワゴン/スポーツのモデルチェンジを受け、2代目へと進化しました。

車内に十分な収納スペースを用意し、リモコンオートスライドドアを左リアに備えるなど、日常での使い勝手に優れた形になっています。黒基調のインテリアとしたスポーティモデル(RS、RX)も設定しています。

 
日産 オッティの中古車情報(2006年10月~2013年6月)
平均価格約23.5万円
価格帯約1000円~87 万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ (2019年7月現在)

日産オッティ 試乗レビュー・評価

オッティSグレード(廉価グレード)の評価。
エクステリアはシンプルそのもの。
年数が経つとライトが黄ばんでくるし、錆びも
ちらほら出てくる。
インテリアは設計は古く感じられるが、
上手い色使いをしていて、見た目は悪くない。
センターメーターは慣れの問題かと。
エンジンは低速からトルクがありなめらか。
エンジンの音は煩いが、ノスタルジックな音。
私はとても好みな音です。
足回りも三菱らしく良く出来てますね。
スペーシア等のスーパーハイトやワゴンR、ステラ
等のハイト軽よりは背が低いので良く曲がります。
ただ、収納は意外に少なめ、ラゲッジも狭い。

通勤快速にオススメです。

日産 キックス

日産 キックス(2008)

日産 キックス(2008)

キックスは三菱パジェロミニのOEM供給を受けた軽の本格オフローダーであり、内外装に日産テイストを出した軽SUVです。

外観はSUVらしいたくましさをプラスしたデザインになっており、タフなイメージで、高いロードクリアランスなどにより悪路でもパワフルな走りを実現しました。

キックスは、日本では2008年に登場し、2012年に販売終了していますが、CUVとなった2代目キックスが海外で発売されています。

 
日産 キックスの中古車情報(2008年10月~2012年6月)
平均価格約62.5万円
価格帯約19.5万円~116 万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ (2019年7月現在)

日産 NV100(エヌブイイチマルマル)クリッパー

日産 NV100クリッパー

日産 NV100クリッパー

広さと使いやすさ、低燃費を追求したセミキャブオーバー型軽ライトバンで、スズキ エブリイのOEM供給を受けています。

軽キャブバンクラストップの荷室サイズ、豊富な収納スペースと高い積載性、そして優れた燃費性能は、軽商用車として最適です。

現行モデルは3代目で、2015年より発売されています。

 
日産 NV100クリッパーの中古車情報(2015年3月~)
平均価格約84.2万円
価格帯約17.5万円~268万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年7月現在)

日産NV100クリッパー 試乗レビュー・評価

3速ATで、ターボ付きなので、軽バンとしては最も燃費が悪い構成です。
3速のN/A車にも、代車で乗った事がありますが、ターボが付くことで1km/L程度燃費が落ちます。
60km/hを超えると、燃費が落ちてくるので、乗用車とは間逆です…。(逆に、渋滞の中走行する場合は乗用車より燃費が良かったりします)

高速やバイパス等の走行が多くなる場合は、デメリットしかありません。

まとめ

NV100クリッパー 2015年モデル

軽自動車と聞くと、ダイハツやスズキを思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、日産にも、魅力あふれる軽自動車が沢山あります。中古車であれば値段も手ごろなので、より満足度の高い買い物ができるかもしれませんよ。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。


2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

国内で販売された新車の3台に1台は、軽自動車の時代。どんなクルマが、売れているのでしょうか?今回は、2020年の軽自動車新車販売台数をもとに、トップテン形式でまとめました。


ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

1996年デビューのステージアには発売当初には、パワートレインにスカイラインGT-Rのエンジンを搭載したモデルも存在した高性能モデルもありました。まさにスポーツワゴンの最高峰として位置付けられたモデルであったことを振りかえって見てみましう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。