トップへ戻る

後方確認をサポート!おすすめ 車のバックモニター10選

後方確認をサポート!おすすめ 車のバックモニター10選

車の背後を映し出してくれて、バックするときや駐車場に駐車するときに安全に行うことができるサポートをしてくれるバックモニター。中にはドライブレコーダーの機能までついていたりと多機能なものも多いです。 今回はバックモニターの買い替え時の購入ポイントや一般的な価格、おすすめ商品をご紹介していきます。自分にあったバックモニターを選ぶ際の参考にしてみて下さい。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


バックモニターとは?

バックモニター

バックモニター

みなさんは、そもそもバックモニターがどういう用途で使われているかご存知でしょうか?

バックモニターとは、車内に設置しているカーナビと連動し、バックギアへ移行した際に、車の背後を映し出すモニターです。

利用の最大の目的としては、駐車時の後方確認を行う際に効果を発揮します。

危険物の確認などがモニター越しにできるので、運転の補助的な役割を担ってくれるありがたい存在です。

バックモニター購入をおすすめする理由

バックモニターの購入をおすすめする理由として何よりも大切なポイントは運転の補助的な役割を担ってくれるということです。

運転時に不安を抱くバックの際に、目視では見えない部分もバックモニターであれば確認することも出来ます。

そのため、安心して運転をする事が出来るという点が魅力の一つです。

最近では高画質や広角のレンズを搭載した製品も発売されており、より魅力のあるアイテムになってきました。

しかしその一方で、多くのメーカーから、沢山発売されていて、どれを選んだらいいのか迷っている方も多いかもしれませんね。

バックモニター購入の際のポイントは?

バックモニター購入の際のポイントとしては、レンズ、接続方法、画素数と付属品の4点です。

①レンズ
バックモニターを検討する際に最も標準タイプとされるレンズは主に後続車との距離感を測る際に有効性を発揮するものです。

さらに、広角レンズにすると幅広いエリアを網羅してチェックする事が出来ますし、魚眼タイプのレンズならば、距離感は掴み取りづらいものの後方を包括的に確認可能です。

どのような目的でバックモニターを購入するかによって、レンズのタイプを選択すると良いでしょう。

②接続方法
接続方法も重要なポイントです。有線接続タイプのバックモニターとワイヤレス機能を搭載したバックモニターとの2種類があります。

取り付けに不安を感じる方はワイヤレスタイプがおすすめですし、配線等の作業が苦手でない方は配線処理を含めて有線タイプを選んでも良いでしょう。

③画素数
バックモニターを選ぶ際には市販のカメラ同様に画素数も大切なポイントになります。

予算との相談にはなりますが、画素数は最低でも30万画素を担保しておけば、ほとんどの状況のモニタリングに支障は出ないでしょうし、夜間帯でも不足なくモニターをチェック出来ます。

④付属品
付属品というのはあまり気にしなくても良いかもしれませんが、もしご利用中の車にモニターが設置されていないタイプの車の場合には重要になります。

モニターとバックカメラのセットになっているものも市販されるようになってきましたので、必要な付属品があるものをチョイスしましょう。

さらに、赤外線搭載のものかによっても夜間帯のモニタリングを快適にするものですので、運転状況に合わせて選ぶと良いですね。

おすすめ 車のバックモニター10選

1 パイオニア(Pioneer) バックカメラユニット ND-BC8-2

国産家電メーカーであるパイオニアから発売されているバックモニターです。

標準型のレンズを搭載しており、通常運転時のバック対応などを自然に行える解像度を誇ります。街灯などがない場所でも問題なく映像を写せる能力も好印象。カー用品を多数販売しているということもあり、ドライバー思いの製品になっています。

カロッツェリア(パイオニア) バックカメラユニット ND-BC8-2

2 BLAZEACE ドライブレコーダー BLZ-DRTP01

こちらのバックモニターは、ドライブレコーダー機能を併せ持っています。

衝突などが発生した際にも自動録画機能があるので、証拠としても使えますし、駐車中にも周辺の録画が可能ですので、もしもの時にの対策が万全です。

バックモニターとしての機能もしっかりと果たし、バック時にも後方を鮮明に映し出してくれるので安心して運転が出来ます。

BLAZEACE ドライブレコーダー 前後 2カメラ バックモニター機能付 4.0インチ モニター フルHD 1440p タッチパネル 動体検知 駐車監視 Gセンサー 12V/24V対応 BLZ-DRTP01 

3 AUTO-VOX TD-2 デジタルバックモニター

この製品はクリーンな映像を映し出してくれる点が魅力です。バックモニターを利用する際の嫌なノイズをデジタル信号により回避してくれます。

他の車のテレビの電波やWi-Fiなどを拾うことはありません。さらに、防水構造の設計で雨天時の使用も安心です。走行環境に関係なく常にクリアな映像を望む方にはマッチするバックモニターです。

AUTO-VOX TD-2 デジタルバックモニター バックカメラ ワイヤレス トラック対応 電磁波干渉防止 ノイズ対策 正像・鏡像切替対応 ガイドライン表示あり 暗視機能 常時使用可能

4 イクリプス(ECLIPSE) BEC113

特徴はガイド機能がついている点です。運転時には後方の距離感などをガイドしてくれるので、バックに不安がある方に取ってもスムーズな運転が実現します。

標準レンズ搭載で目視に近い自然な映像を実現しています。明るいエリアでの白飛びを防止する機能も搭載されているので、安心して利用する事が出来ます。

デンソーテン イクリプス(ECLIPSE) ECLIPSE専用バックアイカメラ BEC113

5 ビートソニック 軽自動車用 バックカメラ BCAM7Y カメレオン Mini

コンパクトさが売りとなっています。

軽自動車用のバックモニターとなっていますが、コンパクトな設計でありながら後方を鮮明に映し出す性能や防水性の高さも魅力です。装備も簡単なので、軽自動車ユーザーにはおすすめの製品と言えます。

ビートソニック バックカメラ カメレオンMini 軽自動車用 [BCAM7Y]

6 KENWOOD スタンダードリアビューカメラ CMOS-C230

こちらのバックモニターは総合力の高さが魅力です。高画質なレンズを搭載しているので運転時にはクリアな映像が映し出されます。さらに、スミアノイズをカットするので、強い光への対処など、細かい配慮がされています。

夜間帯のバックライトの光が少し強めに写ってしまう事がありますが、ガイド機能が十分補填してくれます。

ケンウッド(KENWOOD) ケンウッド専用リアカメラ ブラック CMOS-C230

7 SOLING(ソーリン) バックカメラ SL1117BEC

国内メーカーであり、自動車部品世界シェアno.1のデンソーブランドのバックモニターです。

数あるバックモニターの中でも安価である点が強みではありますが、それ以上に質の担保もされているので、安心して利用する事が出来ます。

取り付け後の調節も簡単なので、初めての方に取っても安心の製品となっています。

SOLING(ソーリン) バックカメラ 汎用タイプ SL1117BEC コンパクトサイズ RCA接続

8 POMILE バックカメラ

このバックモニターは超小型の設計と高い性能が売りの製品です。

従来の赤外線フィルイン機能よりもメリットの多いとされる最新のデジタルフィルイン機能を搭載しており、暗い状況でも鮮明に後方を確認する事が出来ます。広角170度のカメラとなっているので、バック時にも安心して運転する事が可能となっています。

POMILE バックカメラ 車用 カメレオンカメラ 46万画素 超強暗視 広角170°正像/鏡像 ガイドライン有無 IP68

9 液晶王国 ルームミラー バックミラー モニター 10.2インチ&CMOS角型バックカメラ

こちらの製品はルームミラーモニター搭載の優れものです。

LEDバックライトによって画面は見やすく設計されていますし、鮮明に後方を捉えます。さらに、タッチパネル仕様になっているので、ユーザーにとっては直感的な操作を実現している点も魅力の一つです。総合力の高さでおすすめの商品となっています。

ルームミラー バックミラー モニター 10.2インチ&CMOS角型バックカメラ

10 アルパイン HCE-C1000D

機械操作が苦手な方にとっても安心して搭載出来る製品になっています。

コンパクトタイプのモニターですが、HDR技術搭載によって日中の白飛びを抑えていますし、夜間帯のクリアな映像をより鮮明に映し出すなど、機能性も十分。

さらに、ハンドル角度に応じて進行方向を予測するなど、ドライバーにとって嬉しい機能が搭載されています。

アルパイン(ALPINE) アルパイン製カーナビ専用 バックビューカメラ(ブラック) HCE-C1000D バックカメラ

まとめ

最近では必須アイテムといっても過言ではないくらいにバックモニターの認知度は上がってきています。

そんな中でどのような機能を求めるかによって、価格も種類も変わってきますので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

関連する投稿


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


初心者でもセルフ式ガソリンスタンドで焦らない! 使い方と注意点

初心者でもセルフ式ガソリンスタンドで焦らない! 使い方と注意点

自動車保有台数は年々増えている統計があるのに、数が減りつつあるガソリンスタンド。また以前のようなフルサービス店はどんどん少なくなってきており、「近所のガソリンスタンドは全部セルフ式」なんて方も多いのでは。慣れていないと戸惑ってしまうセルフ式ガソリンスタンドですが、コツさえ押さえればスムーズに便利に利用できます。ポイントごとにご紹介していきます。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。


縁石とは?車で乗りあげてしまったときの対処方法

縁石とは?車で乗りあげてしまったときの対処方法

歩道と車道の間に設置されている縁石は、歩行者が行き来する歩道と車道を明確に分けるために必要なものです。しかし縁石があるために駐車場から出られない場合や、縁石に乗り上げてしまうなどのケースに遭遇することもあります。そこでこの記事では、縁石の概要から切り下げ工事について、また車で乗り上げてしまったときの対処法を解説します。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。