トップへ戻る

【運転代行サービス】利用方法や業者の選び方・注意点など

【運転代行サービス】利用方法や業者の選び方・注意点など

車で飲みに行ったり、車で出かけた時にお酒を飲んでしまった場合、もちろん自分で運転して帰るのは絶対にNGです。 こんな時はハンドルキーパー役をしてくれる人がいれば問題ないのですが、いない場合は困ってしまいますよね。 今回は、そんな時に便利な「運転代行サービス」について詳しく紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


運転代行とは

代行画像

運転代行とは

運転代行のサービスの流れ

居酒屋へ車で向かい飲んだ帰りに利用することが多いのが「運転代行サービス」
自分自身と車の両方を自宅へ運んでくれるのが大きな特徴です。

一般的に、運転代行業者は二人一組で業務を行います。
一人が利用者の車を運転し、もう一人が随伴車を運転するためです。
随伴車とは、代行業者が呼ばれた場所に向かい、業務終了後に帰るために使う車です。
利用者である皆さんが乗るための車ではありません。

代行画像

運転代行のサービスの流れ

車だけを運んでもらうこともできません。
これも違法行為に近いので、業者が引き受けて事故を起こしたとしても運転代行用の保険は効きません。
これらの最低限のことを守っていれば大変便利なサービスです。

ここまでの説明でわかるとは思いますが、運転代行の大きなメリットは「車も一緒に帰宅できる」という点です。

車を運転していても何かの機会でお酒を飲むこともあるはずです。
その帰りにタクシーを使うと次の日にが自分の車を取りに戻らなければなりませんが、運転代行ではその必要はありません。

そのため首都圏よりも車社会である地方で普及しているサービスとなっています。

運転代行はどんなときに頼む?どんな人におすすめ?

代行画像

お酒を飲んだ帰りに利用するイメージの強い運転代行ですが、必ずしもそのときだけの利用とは限りません。
運転代行は、人とその人の車を目的地まで運ぶサービスです。
ですから、飲酒後以外の利用も可能と言えます。

例として、テーマパークやキャンプなどのレジャーをした帰りがあげられます。
向かうときはワクワクして運転も苦にはならないと思いますが、帰りはどうでしょう?
きっと遊び疲れているはずなので、正直運転するのは嫌ですよね。

そんなときに運転代行を頼めば、車内でゆっくり疲れを取ることができます。

また、帰宅のためではなく、逆に目的地に向かうための利用もアリです。

どうしても朝早く起きて会社などに行かなくちゃいけないけど、もう少し寝ていたいなんてことは誰にでもあります。
それをかなえるために運転代行を利用してみるのはいかがでしょう?

目的地まで向かってもらっている間、自身は車内で眠っていたらいいのです。
しっかり睡眠をとれれば、そのあとの仕事が間違いなくはかどるでしょう。

あと、おすすめしたいのが体力・能力的に運転することに不安を感じる人の利用です。
中でも高齢者の方であれば特におすすめです。

生活上車は簡単に手放せないけど、帰省などで長距離運転する自信がないのなら利用してみるといいですね。行きも帰りも利用できる会社もあるので、事故を未然に防ぐ意味でも利用をおすすめします。

運転代行の料金は?

代行画像

運転代行の料金は?

料金は業者が独自に決めているので、全国的な相場をハッキリさせるのは難しいです。

ですから、利用する前に地域ごとの相場を調べておくのが賢明です。
相場はまちまちになりますが、料金システムは共通しています。
初乗り料金に、距離に応じた金額がプラスされるシステムになっているのが大半です。

距離の測り方は主に2パターンです。利用者の車のトリップメーターを使うパターンと随伴車に取り付けた料金メーターを使うパターンです。

トリップメーターは一定区間の距離を測る計器で、リセットが可能です。
出発時にリセットして目的地までの距離を正確に出し、業者が料金表と照らし合わせる形になります。

料金メーターの場合は、タクシーとほぼ同じ要領と思って問題ありません。
ですが、業者がメーターを操作して料金を水増しするということも過去にはあったそうなので注意して下さい。

運転代行の頼み方と選び方

次は、運転代行の頼み方と選び方について紹介していくことにしましょう。

代行画像

運転代行の頼み方と選び方

運転代行の頼み方

一番基本的な方法は、運転代行が必要になったときに代行業者に電話して来てもらうというパターンです。

電話した際には、名前、連絡先、目的地(自宅の場所など)のほかに、車の色、車種、停めている駐車場を伝えます。ナンバープレートの数字を教えておくと、業者との合流がよりスムーズに進みます。

必要事項を伝え終えたら業者が来るまで待ち、現れたら車を預け目的地へ向かってもらいます。ただ、合流したとき自分の車が離れた場所に停めてある場合、一旦その場所まで業者に車を取りに行ってもらい、それから迎えてもらいます。
そして、目的地まで着いたら支払いを済ませて終了となります。

車画像

運転代行の頼み方

なお、利用する場合には、前もってインターネットで良さそうな業者をピックアップしておくといいでしょう。
ただ、週末や年末などの繁忙期だと、いきなり電話しても混みあっていてすぐには来てもらえないかもしれません。

そのような時期に運転代行を頼む場合には、先に予約を入れておくようにしましょう。
あらかじめ帰る時間が決められてしまうというデメリットはありますが、そうしておけば、運転代行がつかまらないという事態は防ぐことができます。

また、大都会のチェーン店などでは難しいかもしれませんが、郊外にある個人経営の居酒屋などであればお店の人に頼んで地元の運転代行を呼んでもらうというのもよくあるパターンです。

運転代行の安心できる業者の選び方

代行画像

運転代行の安心できる業者の選び方

続いて、安心できる業者の選び方を紹介していきましょう。
まず一番大事なポイントは、「正規の業者を選ぶ」ということです。

運転代行ビジネスは、誰がやってもOKというわけではありません。
都道府県の公安委員会による認可が必要です。

きちんと認可を受けた正規の業者であれば、随伴車のボディの横側(左右両方とも)に認定を行った公安委員会の名称と認定番号、屋号、「代行」および「随伴用自動車」の表示がなされているはずです。

しかも、その表示はテープなどで貼り付けるタイプのものではなく、ペンキ書きなどによって直接施されていなければなりません。
そのような表示をきちんと行っている正規の業者を選ぶようにしましょう。

代行画像

運転代行の安心できる業者の選び方

認可を受けていない違法業者に運転代行を頼むと、万が一の事故が起きてしまったときに大変なことになってしまうかもしれません。

なぜなら、代行の運転手があなたのクルマを運転中に事故を起こしてしまった場合、業者が加入している運転代行専用の保険が使われることになっているからです。(上記にもある通り、あなたが加入している任意保険は使えません)

もし、代行保険に加入していない違法業者に運転代行を頼み、その運転手が人身事故を起こしてしまった場合、使用者責任や所有者としての責任を問われ、あなたが被害者に対する賠償を負担しなければならない可能性もあります。

正規の業者であれば、公安委員会の認定を受けるにあたって代行保険への加入が義務付けられていますので、その点は問題ありません。

次のポイントは、料金システムが明確になっている業者を選ぶということです。
自社サイトで料金システムをはっきりと示している会社であれば、信頼できる可能性が高いでしょう。

なお、料金システムを見る際には、時間帯や車種による割増料金の有無や、保険料・待機料金が別途必要になるかどうかなどといった点もしっかりと確認しておきましょう。

また、接客マナーの良い会社、地域の地理に詳しい会社というのも安心できる業者を選ぶときにはポイントになるでしょう。

運転代行を利用する際の注意点

代行画像

運転代行を利用する際の注意点

次に、実際に運転代行を利用する場面で注意するべき点について見ていきましょう。

まず、利用の際は必ず「自分のクルマ」に乗るようにしましょう。

決して随伴車には乗らないようにして下さい。
なぜなら、随伴車に同乗してしまうと、「白タク」行為となってしまうからです。

お店からクルマを停めてある駐車場までだけ、などといったごく短い距離であっても随伴車に乗せてもらうことは「違法行為」となりますのでご注意下さい。

また、運転代行業者を選ぶときには、ついつい料金の安さを判断の基準にしてしまいがちです。
しかし、他の業者と比べてあまりにも安すぎる場合には、その業者の利用は避けたほうが無難です。

安い料金で運転代行サービスを運営するのであれば、他の業者よりも回転率を上げなければならないでしょう。
そうなると、自然と速度を出し過ぎることとなり、結果として大きな事故を起こす確率も高くなります。

特に近年は業者間での価格競争が激しくなっており、2017年には国土交通省から「著しい低価格で運転代行サービスを提供すること」に関して、独占禁止法に抵触する場合があるとの注意喚起が行われました。

国土交通省では、利用者保護のために最低料金の導入や料金メーターの設置義務化も検討しているようです。

いくら利用料金が安くても、事故に巻き込まれてしまっては元も子もありません。
あなた自身の生命にも関わってくる問題です。
悪質な業者や危険な業者を選ばないようにするためにも、適正な料金でサービスを提供している業者を選ぶようにしましょう。

まとめ

代行画像

運転代行で飲酒運転ゼロへ!

今回は、運転代行とはどのようなサービスなのかについて説明し、また運転代行業者の頼み方、選び方、利用時の注意点などについても紹介してきました。

年末年始はお酒を飲む機会も増え、運転代行サービスを利用する機会もあるかと思います。

そのようなときには、質の良いサービスを提供している業者を選び、安心して運転代行を利用できるよう、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい。

運転代行お役立ちアプリ情報!

この冬にそろえておきたいカーアイテム!

関連する投稿


おすすめバックカメラ5選!後方視界もバックカメラですっきり!

おすすめバックカメラ5選!後方視界もバックカメラですっきり!

バックカメラは車庫入れや、車を後退させる際に車の後方を映し出すカメラのことですが、リアカメラやリアビューカメラとも呼ばれています。車の後方は視界が良くないものですのでこのバックカメラを搭載することにより、後方の視界をよりよく見るためのものです。今回はこのバックカメラについてご説明致します。バックカメラを購入したい方はご参考にしてみて下さい。


【カーエアコン】トラブルの原因と対処法や修理費用目安は?

【カーエアコン】トラブルの原因と対処法や修理費用目安は?

車に乗るにあたって欠かせない存在のカーエアコン。しかし、冷えない・効かないと感じることはないでしょうか。臭いや異音が気になっている方もいるかと思います。この記事では、車のエアコンを上手に使うための方法や故障の原因についてご説明!この記事を読んで、エアコンを上手に使いこなせるようにしましょう。


フォグランプは悪天候時の味方?眩惑の原因?廃止も進む?使い方や注意点を解説

フォグランプは悪天候時の味方?眩惑の原因?廃止も進む?使い方や注意点を解説

近年、フォグランプを正しく使えていないドライバーが増えています。そこで今回は、フォグランプの使い方や特徴、注意点をご紹介。正しくフォグランプを使えれば、質の高いドライバーになれますよ。


ドライブを楽しめるゲームソフト厳選6本!休み中にバーチャル旅行へGO!

ドライブを楽しめるゲームソフト厳選6本!休み中にバーチャル旅行へGO!

まだまだお出かけのしにくい状況が続く昨今。国内はおろか、海外旅行なんて夢のまた夢ですよね。いつになったらまた気軽に海外へ出かけられるのか見当もつかない今だからこそ、注目したいのがゲーム内の世界でバーチャル旅行を楽しむこと。ストーリーを進めなくても、ゲーム世界をドライブするだけで楽しめる、そんな珠玉のゲームソフトをまとめてみましたので、お休み中のご予定にぜひバーチャル旅行を加えてみてください。


リムジンに乗りたい!ぶっちゃけ個人でも乗れるのか?

リムジンに乗りたい!ぶっちゃけ個人でも乗れるのか?

一言でリムジンと言っても、実はリムジンには色々な種類のリムジンがあります。なかなかリムジンを購入する方は少ないと思いますが、一度は乗ってみたいのがリムジンではないでしょうか?今回はリムジンについて詳しく見ていきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。