トップへ戻る

日本が誇るピックアップトラックまとめ

日本が誇るピックアップトラックまとめ

トヨタがハイラックスを日本へ導入したことから、海外仕様の大型ピックアップトラックへの注目が集まってきました。現在、北米仕様を中心に並行輸入される車種も多く、様々な車種を選ぶことが出来ます。今回はそんな、日本が誇るピックアップトラック9台を集めてみました。日本で購入できるピックアップはあるのでしょうか。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


いすゞ D-MAX

いすゞ D-MAXとはどんな車?

いすゞ D-MAX

D-MAXは、本サイトではめったに登場しないメーカーのいすゞにも、海外向けに展開するピックアップトラックで、1974年からタイで生産されており、世界およそ100か国に出荷されています。そのD-MAXが2019年10月におよそ8年ぶりにモデルチェンジされました。

そして、現行モデルのD-MAXは、優れた耐久性や走破性と、3種類のキャブ形状をはじめとする多彩なバリエーションを持ち、2005年にはタイ・カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いた乗用車としても不動の人気を誇っています。

今回、新型ではデザインを一新し、ウエッジの効いた分厚いボディシェイプでより強く、動きのあるシルエットと、ヘッドランプには、Bi-LEDプロジェクターランプを採用し、シグネチャーランプとのコンビネーションで鋭い目つきを表現しています。

そしてエンジンには、高出力、低燃費、低騒音を追求し、新開発された3.0Lのディーゼルエンジンと、動力性能の向上を図った1.9Lディーゼルエンジンを搭載します。さらに、4WD車には、アルミ製プロペラシャフトを採用して軽量化を追求し、電磁式リアデフロックも採用しています。

いすゞ D-MAX スペック・価格・中古車価格

発売:2018年
全長×全幅(mm):5265×1870
エンジン:直列4気筒3.0L、1.9Lディーゼル
日本での中古車販売価格(参考価格):600万円?
※2020年1月時点での公式サイト参照

⑧ランドクルーザー70ピックアップ

ランドクルーザー70ピックアップ

ランドクルーザー70ピックアップはどんな車?

ランドクルーザー70ピックアップ

もう新車では購入できませんが、中古車でなら手に入るという事でご紹介するのが、ランドクルーザー70ピックアップです。

ランドクルーザーシリーズの中でも人気のある"70"シリーズの発売30周年を記念して、2014年8月から2015年6月までの期間限定で、約10年ぶりに復活したバンとともに設定された、国内では初登場となるダブルキャブピックアップ仕様です。

ラダーフレーム構造による高い堅牢性・耐久性や、V6・4.0Lガソリンエンジンとパートタイム4WDを組み合わせ、ランクルの悪路走行に適した仕様となっています。また、新車装着タイヤは鉄リングホイールのチューブ入りタイヤが採用されています。

バンタイプに比べて人気は低く、台数も出ませんでしたが、世界中で活躍するランクルの多くがこのタイプであり、まさにヘビーデューティそのものというピックアップトラックです。

ランドクルーザー70ピックアップ スペック・価格・中古車価格

日本発売:2014年
全長×全幅(mm):5270×1770
エンジン:V型6気筒4.0Lガソリンエンジン
中古車(参考価格):274~478万円

※2020年1月時点での公式サイト参照

⑨トヨタ ハイラックス (HILUX)【日本で買える!】

トヨタ ハイラックス

さて、最後は日本で唯一新車で購入できるピックアップトラックのハイラックスです。

ハイラックスとはどんな車?

トヨタ ハイラックス

ハイラックスは、2017年9月に13年ぶりとなる8代目の日本仕様が発売され、タイから日本に輸入される初のトヨタ車となりました。

全長が5,335mm、全幅1,855mmという1ナンバー登録となり、 ボディタイプは、4ドアの「ダブルキャブ」のみの設定となっています。

エンジンは、直列4気筒2.4Lディーゼルターボを採用。トランミッションは、スーパーインテリジェント6速オートマチックを採用しています。

パートタイム4WDシステムを装備、全車にヒルスタートアシストコントロール(HAC)とリアデフロックが全車標準装備となっており、Zにはアクティブトラクションコントロールと、ダウンヒルアシストコントロール(DAC)制御を設定し、悪路走破性を高めています。

トヨタ ハイラックススペック・価格・中古車価格

日本発売:2017年
全長×全幅(mm):5335×1855
エンジン:直列4気筒2.4Lディーゼル
新車販売価格:3,382,500~4,034,800円

※2020年1月時点での公式サイト参照
中古車(参考価格):278~610万円

狙いは特別仕様車「Z"Black Rally Edition"」

Z"Black Rally Edition"

「Z"Black Rally Edition"」は上級グレードの「Z」をベースに、フロントグリルやバンパーがブラックの専用デザインとなっています。

また、ブラック塗装の18インチアルミホイールと、ホワイトレター・タイヤ。インテリアにはブラックメタリック加飾が施され、専用オプティトロンメーターも装備されています。

2019年に設定された特別仕様車ではありますが、好評につき現在も継続販売されており、見た目の迫力がまったく異なるので、絶対におすすめです。

まとめ

以上9台のピックアップトラックをご紹介しました。ハイラックス以外は日本国内で新車として正規に購入することはできませんが、米国モデルを中心に多くの車種が並行輸入されています。

そして、けっして実用的でない大きさのハイラックスを、さらに上回るフルサイズのピックアップほど人気があり、SUVとしての走破性、大排気量と大型ボディによる迫力、そしてラグジャリーセダン並みの高級感を持つピックアップトラックは、現代のスーパーカーなのかも知れません。

おすすめ記事はこちら

関連する投稿


【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

ホンダは2020年11月にフルモデルチェンジによって2代目ととなった新型「N-ONE(エヌ・ワン)」を発売しました。見たところあまり変わっていないように見える新型ですが、実は中身はプラットフォームを含めて一新されているのです。なぜ、このようなフルモデルチェンジをしたのでしょうか?その理由と中古車情報もご紹介します。


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!


トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

魅力的な設計で実用性が高く、ファミリー層から一人乗りまで、幅広いドライバーに人気のシエンタ。今回は、シエンタの特徴や機能、グレードの解説から、最新情報をご紹介します。


トヨタの名車・2000GTは中古で買える?

トヨタの名車・2000GTは中古で買える?

1967年から1970年のわずか3年間のみ生産されたトヨタ2000GTは、あまり知られてはいませんがヤマハ発動機との共同開発された車です。販売台数も337台(2M-B型・2,253cc、9台試作は含まず)と、その数の少なさで幻の車とも呼ばれているようです。今回はこのトヨタ2000GTについて説明します。


日産の雄、エルグランド!評判はどう?中古車情報も

日産の雄、エルグランド!評判はどう?中古車情報も

ミニバンクラスの中では高級ミニバンの元祖とも呼ばれるエルグランドは、トヨタ・アルファードやホンダ・エリシオンと言った車種を登場させるきっかけとなった車です。今回は2020年10月に発売されたエルグランドについて改めて見ていきましょう。


最新の投稿


「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

車を通常より安く購入する方法にもさまざまなものがあります。中でも相場よりかなり安く購入できることで注目されているのが金融車です。ここでは金融車とは何なのか、そしてメリットやデメリットについてご紹介します。


ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

関東地方を中心としたエリアで聞かれることの多いルーレット族という言葉ですが、案外その定義を知らないという方も多いようです。そこで、ルーレット族の定義や名前の由来などについてご紹介します。


自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズの役割や種類などについて紹介すると同時に、ヒューズ飛びが原因で起こるトラブルや症状などについても解説します。そして、ヒューズ飛びの対策について紹介します。


当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

物損事故の際に警察へ通報せずその場から立ち去る当て逃げは、罰則が適用される立派な法律違反となります。そこで今回は、当て逃げの概要や遭った時の対処法、遭わないためのポイントなどについてわかりやすく解説します。


もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

どれほど注意していても降りかかる可能性があるもらい事故は、起こってしまった際の咄嗟の対処が難しい事故のひとつでもあります。そこで今回は、もらい事故の概要や起こった時の対処法、防止するためのポイントについて解説します。