トップへ戻る

【豆知識】軽ワゴンはもはや軽じゃない!?おすすめの車種もご紹介

【豆知識】軽ワゴンはもはや軽じゃない!?おすすめの車種もご紹介

日本で人気の軽ワゴンですが、みなさんは軽ワゴンがどんな車か知っていますか?きっと、ダイハツ ムーヴや三菱 ekスペースなど車名が浮かぶ人は多いはずです。ですが、ちゃんとどんな車か答えられる人は少ないでしょう。そこで今回は「軽ワゴンがどんな車なのか」「おすすめの車種は何か」についてお伝えしていきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


軽ワゴンとは?

スズキ スティングレー

スズキ スティングレー

まず、「ワゴン」とは何でしょう?

ワゴンは人と荷物の両方を運ぶことを目的とした車を指します。

「人だけを運ぶこと」を目的としたセダンやクーペと「荷物だけを運ぶこと、または商用車としての利用」を目的としたバンとの間に位置すると言えば分かりやすいでしょう。

そして、軽ワゴンは「軽自動車の規格で作られたワゴン」となります。

ちなみに、軽自動車の規格は排気量660cc、全長3.4m、全幅1.48m、全高2.0m以下です。ワンボックス、ハイト(トール)ワゴン、スーパーハイト(スーパートール)ワゴンに分類できます。

中でも人気なのがハイトワゴンやスーパーハイトワゴンです。これらは全高が高く、ハイトワゴンはおよそ1.6~1.7m、スーパーハイトワゴンは1.7m以上とされています。

代表的な車でいえばハイトワゴンならスズキ ワゴンR、スーパーハイトワゴンならダイハツ ウェイクなどがあります。

軽ワゴンが人気な理由

ホンダ N-BOX

ホンダ N-BOX

軽ワゴンの人気の理由は「広さ」にあります。

定員いっぱいの大人4人が乗っても狭く感じることはなく、また座席をフラットにすれば多くの荷物を積むこともできます。

それに加え、ハイトワゴン、スーパーハイトワゴンなら全高が高いので乗り降りもしやすく、ファミリーには助かる作りとなっています。

とにかく広い、それなのに小回りがきく!

軽ワゴンは規格ギリギリの高さを攻めているので、通常の軽自動車よりは広くなります。また、スーパーハイトワゴンは全高が高いおかげで視界が開け死角が減り、安心して運転ができます。

他にも、長さと幅は軽自動車の規格なので、小回りがきき狭い道でも平気です。

加えて軽自動車ですから、維持費や燃費、税金は安くなります。

車中泊用にカスタムできる

広いスペースで、釣りや車中泊用にカスタムできる代表格がホンダ N-VANとスズキ エブリイワゴンです。

両方ともワンボックスに数えられ、フルフラットにすれば大人一人が寝るには十分すぎるくらいです。

それぞれ別売りでロッドホルダーやルーフインナーラックなどのパーツが販売されており、車中泊や釣りをより楽しめます。

ホンダ N-VAN

ホンダ N-VAN

軽ワゴンのおすすめ車種まとめ

それでは次に、軽ワゴンのオススメ車種を見ていきましょう。

今回紹介するのは、ホンダの「N-BOX」、ダイハツ「タント」、日産「デイズ」の3車種になります。

ホンダ N-BOX

ホンダ N-BOX

ホンダ N-BOX

N-BOXシリーズは、国内の新車販売台数で3年連続第1位(2017~2019年)、軽自動車の販売台数では5年連続第1位(2015~2019年)を誇ります。

つまり、日本一売れているクルマということですね。

日本一売れているクルマだけに人気の理由も多岐にわたりますが、まず挙げられるのはその見た目でしょう。シンプルかつノーマルな箱型のデザインは、若年層の女性を中心に幅広い年齢・性別の人から人気を集めています。

ホンダ N-BOX 内装

ホンダ N-BOX 内装

N-BOXの人気を語るに際しては、デザインに加えて、軽自動車としては最大級と言える車内の広さに触れないわけにはいきません。

その広さは、「メカは小さく、人のための空間は大きく」というホンダの思想が反映されたもので、「センタータンクレイアウト」という特許技術によって実現されています。

では、この「センタータンクレイアウト」とは、どのような技術なのでしょうか?

通常クルマの燃料タンクは後部座席やラゲッジスペースの下など、車体の後寄りに配置されています。ところが、N-BOXのように「センタータンクレイアウト」を採用したホンダ車では、薄型の燃料タンクを前部座席の下に配置することで、後部座席やラゲッジスペースの下に余裕を生み出しました。

こうすることで床面を低くすることが可能となり、その結果、車内の空間をより広くとれるようになっているわけです。

このホンダが持つ特許技術によって生み出されたN-BOXの「広さ」は、大人が4人乗車しても窮屈さを感じさせませんし、天井の高さがもたらす開放感とも相まってないゆとりのある車内空間を実現しています。

また、車内には、広さだけにとどまらず「使いやすさ」を高めるための知恵や工夫もたっぷりとつめこまれています。

ホンダセンシング

ホンダセンシング

安全面を見ても、N-BOXには先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」が、すべてのタイプに標準装備となっています。

この「ホンダセンシング」では、レーダーとカメラの両方で歩行者や前を走る車などを速やかに検知し、衝突の恐れがある場合には警告音で知らせたり、衝突軽減ブレーキを作動させたりしてくれます。

また、前方・後方ともにはたらく「誤発進抑制機能」や、車線はみ出しによる事故を防ぐための「路外逸脱抑制機能」も搭載されています。

このような安全装備により、N-BOXは2019年度自動車アセスメントの予防安全性能評価において、最高ランクの「ASV+++」を受賞しました。

N-BOXは、安全性の面でも一歩抜きん出た軽ワゴンと言えるでしょう。

軽自動車でいちはやく5つ星を獲得したホンダ

軽自動車でいちはやく5つ星を獲得したホンダ

ダイハツ タント

ダイハツ タント

ダイハツ タント

N-BOXに次ぐ人気を誇る軽ワゴンは、ダイハツの「タント」です。

タントは「軽スーパーハイトワゴン」というジャンルを世に生み出したパイオニア的存在であり、現行のタントは4代目で2019年7月から発売が開始されました。

タントの最大の特徴は、車体左側のピラーレス構造です。「ピラー」とは、車体を支える「柱」のことですが、タントでは車体左側のピラーをドアに内蔵することで「ピラーレス」を実現しています。

これにより、左側のドアを前後どちらとも開けば、その開口部はおよそ1.5mもの広さとなり、人の乗り降りや荷物の積み下ろしがとてもスムーズで、ベビーカーをそのまま乗せることすら可能です。

ダイハツ タント新型(イメージ)

ダイハツ タント新型(イメージ)

現行の4代目タントからは、このピラーレス構造に加えて運転席にロングスライド機能が搭載されました。最大54cmのスライドが可能で、ピラーレスの車体左側から運転席への乗り降りができたり、一旦車から降りることなく運転席・後部座席間の移動ができたりします。

この作りには「ミラクルウォークスルーパッケージ」という名前が与えられており、運転席に座りながら後部座席の子どもさんの面倒を見るといったこともできるようになりました。

それに加えて、軽自動車としては初めて「パワースライドドアウェルカムオープン機能」が搭載されており、車を降りる前に予約しておけば、再度乗車するときクルマに近づいただけで自動的にドアがオープンします。

小さな子どもさんを抱いているときや、荷物で両手がふさがっているときなどは、非常に便利な機能と言えるでしょう。

そして、助手席や後部のスライドドアにはイージークローザー機能も装備されており、小さな子どもさんやお年寄りでも安全にドアを閉めることができます。

これらの機能により、タントは特にファミリー向けとしてうれしいクルマとなっています。

最後に、安全面も見ておきましょう。

タントではサイド・カーテンエアバッグが全グレードで標準装備となっているほか、ほとんどのグレードでは次世代スマートアシストも標準装備となっています。

また、ターボモデルではオプションでACC(アダプティブクルーズコントロール)を付けることも可能です。

日産 デイズ

日産 デイズ

日産 デイズ

日産「デイズ」は日産・三菱合併会社NMKVにより、三菱「ekシリーズ」と共に共同開発され、2013年に初代が発表されました。

そして、昨年の2019年2代目デイズが6年ぶりにフルモデルチェンジして登場。「軽自動車維新」と呼ばれるほど今までの軽とは違う高い安全性・走行性能が話題となっています。

デイズのラインナップは「スタンダードモデル」と上級モデルの「ハイウェイスター」の2つです。

軽ハイトワゴンではありますが、ボディの長さに対しホイールベースが非常に長くなっているため、その外観は不自然な高さを感じることのないデザインとなっています。

この2つの明確な装備の違いは、日産開発の高速道路運転支援システム「プロパイロット」。搭載されているのは「ハイウェイスター」のみであり、まさにその名の通り高速道路仕様と言えるでしょう。

今や車を購入する多くの人々が軽自動車を選択し、自家用車として普通自動車の代わりに定着しつつあります。すなわち、仕事でもプライベートでも高速道路を使う可能性が一気に高まる中、高速道路運転支援システムはこれから必須アイテムになる未来が来るでしょう。

さらに、エンジンにモーターアシスト機能が搭載され高速道路でも満足のパワーがあり、信号待ちからの発進・加速もスムーズです。

エンジンはスタンダードモデルでは直列3気筒DOHCのみですが、ハイウェイスターではそれに加え直列3気筒DOHCターボエンジンへリチウムイオンバッテリー搭載をした「スマートシンプルハイブリッドシステム」を採用しています。

デイズ 「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」

デイズ 「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」

またスタンダードモデル、ハイウェイスターどちらにも衝突回避及び被害削減のための「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」・アクセル、ブレーキ踏み間違いによる急発進を防ぐ「踏み間違い衝突防止アシスト」などの安全設備が全車搭載されており、「セーフティー・サポートカーSワイド」に該当します。

そして軽自動車搭載初の「SOSコール」(オプション)は万一の事故発生時や、急病のときに専門のオペレーターが音声通話でサポートします。

さらに手元のモニターで俯瞰したような視点で駐車を確認できる「インテリジェントアラウンドビューモニター」(グレードによって非搭載あり)など、デイズの安全機能への徹底ぶりに注目が集まっています。

デイズ ハイウェイスター ターボ

デイズ ハイウェイスター ターボ

まとめ

軽自動車の広さの限界を追求しながらも安全性や快適性を損なうどころか、むしろ向上させているのが軽ワゴンというジャンルです。

この進化は軽自動車が売れ続けるかぎり止まることはないでしょう。

ぜひ、一度自身でその進化を体験してみてはいかがでしょうか。

2020年の新車情報についてはこちら

関連する投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ダイハツ ムーヴキャンバス|価格やライバル車との違いは?

ダイハツ ムーヴキャンバス|価格やライバル車との違いは?

ダイハツが製造・販売を行っているムーヴキャンバスは「デザイン×ベンリ=あたらしい」をコンセプトに、長く乗れる車を目指して作られた車です。購入を検討している方に向けて、本記事ではダイハツ ムーヴキャンバスについて紹介します。


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

ホンダは2020年11月にフルモデルチェンジによって2代目ととなった新型「N-ONE(エヌ・ワン)」を発売しました。見たところあまり変わっていないように見える新型ですが、実は中身はプラットフォームを含めて一新されているのです。なぜ、このようなフルモデルチェンジをしたのでしょうか?その理由と中古車情報もご紹介します。


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。