トップへ戻る

【豆知識】モデリスタとは?あの新型ライズも!

【豆知識】モデリスタとは?あの新型ライズも!

カスタムカーの祭典、東京オートサロン2020が1月10~12日に開催されました。そこでのトヨタ出展による目玉の一つがモデリスタブース。ところでモデリスタとは何かご存知でしょうか?知っている方も、初めて聞く方にも改めてモデリスタの説明とコンプリートカー・パーツの種類などの情報をお届けしたいと思います!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


モデリスタとは?

トヨタ エクスファイア

トヨタ エクスファイア

「モデリスタ」とは、株式会社トヨタカスタマイジング&ディベロップメントが販売するカスタマイズパーツのブランド名であり、モデリスタ(modelista)という言葉はイタリア語で「デザイナー」という意味を持ちます。

ちなみに、モデリスタのモットーは、「Something Extra( あなたの“もっと”に応えたい)」です。

1997年にトヨタによって設立された「株式会社トヨタモデリスタインターナショナル」がモデリスタの始まりであり、同社は2018年の4月に同じくトヨタの子会社であるトヨタテクノクラフトおよびジェータックスと統合され「トヨタカスタマイジング&ディベロップメント」となりました。

この統合によりモデリスタの名前は社名からは消えることになりましたが、現在でもカスタマイズパーツのブランド名として「モデリスタ」は残っています。

そんなモデリスタのフィロソフィー(哲学)は、Rising the Emotions & Resonance(エモーショナルかつ、クルマと響きあうデザインに昇華させる)です。

実際、モデリスタのパーツは独創性にあふれたデザインとなっているものが多く、他社の追随を許しません。加えて、そのブランド力は名実ともに際立ったものとなっており、モデリスタのエアロを開発・販売する他社ブランドが出現するほどです。

モデリスタは何のために必要?

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ

モデリスタは、愛車をドレスアップしたり、またユーティリティを向上させるために必要とされています。

ドレスアップ

モデリスタのスタンスは、流行の後追いではなく「先行提案」です。その車種がベースとして持つ良さを減らすことはせず、そのキャラクターを活かして強調することが開発の基本とのこと。

純正の「らしさ」とパーツの装着感との間で絶妙のバランスを図ったデザインとなっており、愛車を華麗にドレスアップすることができます。

ユーティリティ向上

モデリスタは愛車の実用性を高めることにも貢献します。

釣りのロッド用ホルダーや自転車固定用のホルダー、エア注入マット、ラゲッジスペース用LED、保冷温機能を備えたドリンクホルダーなどユーティリティ向上系のグッズも豊富にそろっています。

モデリスタのコンプリートカーを紹介

トヨタ ノア内装

トヨタ ノア内装

モデリスタのコンプリートカーを紹介する前に、まずはそもそもコンプリートカーとは何かということを説明しておきたいと思います。

コンプリートカーとは、ベースとなる市販のクルマに内装・外装用のパーツなどを装着してチューニングを行い、そのうえで販売されるクルマのことを言います。

そのメリットとしては、通常の新車を購入しカスタマイズパーツを後付けで追加していくよりは、チューニング済みのコンプリートカーを購入するほうがコスト的に安く済むことが多いことに加え、うっかり車検の基準を超えてしまうようなカスタマイズのミスもコンプリートカーなら防ぐことができることなどが挙げられます。

なお、モデリスタのコンプリートカーと言えば、アクアをベースにした「Rirvie」、ハイエース・レジアスエースがベースの「MRT」、ハイエースをベースにした「Relaxbase」などがありますが、ここでは2019年1月に発売が開始されたMUをメインに紹介します。

アウトドアにも役立つ「MU」について紹介

MUは「MULTI UTILITY」の略で、ヴォクシー・ノア・エスクァイアの3車種がベース車となります。

これらのベース車は、通常3列7人もしくは8人乗りとなっていますが、MUでは2列5人乗りとすることによりラゲッジスペースがいつでも最大限使えるようになっています。

このラゲッジスペースの床部分は、オーク木目調のMU専用フロアとなっていて水や泥汚れにも強く、手入れも簡単です。そして、天井部分にはハンガーフックが設置されており、ハンガーのほかランタンのような照明器具をぶら下げることもでき、車中泊の場面などで役立ってくれるでしょう。

加えて、小物入れとして使い勝手のいい「クォータートリムカバー」や「床下収納」なども装備されています。

また、販売店装着のオプションには専用のシートカバー、車中泊用ベッド、「マルチユースボード」なども用意されており、「マルチユースボード」はラゲッジスペースの仕切り棚として使用できるだけでなく、車外ではテーブルとベンチのセットとしても使うことができるようになっています。

このような装備を備えたMUは、日常使いだけでなくアウトドアでも役立ってくれるコンプリートカーと言えるでしょう。

モデリスタのパーツの種類紹介

モデリスタの具体的なパーツももちろん気になりますよね。

では、人気車種からモデリスタパーツがどのように出ているか紹介しましょう。特に、去年満を持して登場した「ライズ」、新型「ヤリス」は注目です!

プリウス

新型プリウスにハイセンスな“個性”を加えるモデリスタエアロパーツ(ICONIC STYLE)

新型プリウスにハイセンスな“個性”を加えるモデリスタエアロパーツ(ICONIC STYLE)

2018年登場の新型プリウスのカスタマイズパーツとしては、時代の先端を行くダイナミックな風格を醸し出す「ICONIC STYLE」と洗練された一流を知る大人のセンス「ELEGANT ICE STYLE」の2つのパターンパーツが用意されています。

「ICONIC STYLE」「ELEGANT ICE STYLE」は「MODELLISTAエアロキット(フロントスポイラー・サイドスカート・リヤスカートのセット)」が2パターンで共通して用意してあります。

「ICONIC STYLE」はそれに「ICONICガーニッシュセット(ヘッドライトガーニッシュ・リヤガーニッシュのセット)」があります。

「ELEGANT ICE STYLE」に加わるのは「ELEGANT ICEガーニッシュセット(フロントグリルガーニッシュ・サイドドアガーニッシュ・ミラーガーニッシュのセット)」が主なカスタムパーツです。

2パターンにはそれぞれその他にドアハンドルガーニッシュやアルミホイール&タイヤセットなどを付け加えることができます。

アンビバレント "RD" プリウスPHVコンセプト

アンビバレント "RD" プリウスPHVコンセプト

そして先日の東京オートサロン2020において、TRDとモデリスタ共同ブースでは未来型コンセプトカー「Ambivalent“RD”プリウスPHV コンセプト」が目玉となりました。

遠くない将来に私たちはそれを手に入れることができるでしょう。

アルファード

トヨタ アルファード モデリスタ(左)とヴェルファイア モデリスタ

トヨタ アルファード モデリスタ(左)とヴェルファイア モデリスタ

アルファードの魅力は何といってもその堂々とした圧倒的な存在感。
それをドレスアップさせる基本の「アドバンスドフェイススタイル(シグネチャーイルミブレード・フロントグリルカバー(エアロボディ用)・ヘッドライトガーニッシュのセット)」は外せません。

その他に「クールシャインキットプレミアム(フェンダーガーニッシュ・ミラーガーニッシュ・バックドアガーニッシュのセット)」、ホイールタイヤセットなどが用意されています。

ライズ

トヨタ アドバンスブラストスタイル

トヨタ ライズ アドバンスブラストスタイル

そして昨年颯爽と登場したライズ。それからの日々はほぼライズとロッキー一色といっても過言ではありませんでしたね。

そんなライズに用意されたのは、大胆に未来を切り開く自分だけの個性を演出する「ADVANCE BLAST STYLE」と都会的な洗練さをシャープエッジに表現した「ELEGANT ICE STYLE」の2つのパターンパーツです。

ライズ クールシャインキット フロントグリルカバー

ライズ クールシャインキット フロントグリルカバー

ライズ クールシャインキット バックドアガーニッシュ

ライズ クールシャインキット バックドアガーニッシュ

「MODELLISTAエアロキット(フロントスポイラー・サイドスカート・リヤスカートのセット)」が2パターンで共通して用意してあります。

さらに「ADVANCE BLAST STYLE」には「クールシャインキット(フロントグリルカバー・バックドアガーニッシュのセット)」が用意され、その他としては、リヤスポイラー・マフラーカッター・サイドドアガーニッシュに、18インチアルミホイール&タイヤセットなどがあります。

「ELEGANT ICE STYLE」にはバックドアエアロプレート・マフラーカッター・16インチアルミホイールタイヤセットがカスタムできます。

これらを自由に付け加えることでオンリーワンなあなたのライズになるのです。

ヤリス

トヨタ ヤリス モデリスタエアロパーツ装着車

トヨタ ヤリス モデリスタエアロパーツ装着車

そして2020年2月10日に発売される新型ヤリス。世界のコンパクトカーとして名を新たにして登場しました。

そんなヤリスには「MODELLISTAエアロパーツセット(フロントスポイラー・サイドスカート・リヤスパッツ・リヤバンパーガーニッシュのセット)」にヘッドランプガーニッシュ、ミラーガーニッシュ、ドアハンドルガーニッシュ、LEDライセンスランプ、15インチアルミホイールセットが用意されています。

ヤリス フロントスポイラー

ヤリス フロントスポイラー

ヤリス リヤバンパーガーニッシュ

ヤリス リヤバンパーガーニッシュ

ヤリス インテリアパネルセット

ヤリス インテリアパネルセット

以上の4車種では今回エクステリアを主に紹介させていただきましたが、もちろんインテリアもそれぞれ用意されています。

モデリスタのカスタマイズの可能性は無限大なのです。

まとめ

ヤリス LEDライセンスランプ

ヤリス LEDライセンスランプ

今回は、コンプリートカーやパーツも含めてモデリスタについて紹介してきました。
なお、モデリスタのサイトではパーツ着脱のシミュレーションをすることもできるようになっています。

ぜひ一度、ご自分の目で確かめてみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事はこちら

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。