目次へ戻る

【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

レクサス、と聞くと高級車だし自分には関係のない車。と決めつけている人はいませんか。それはもったいない!レクサスはもちろん高級車ですが、価格からボディタイプまで様々です!一口にレクサス、と言ってもいろんなモデルがあるんです。本記事では、現行レクサスを一覧にし、特徴や価格をまとめてみました。【12月14日更新】


【2019年保存版】レクサス現行車種一覧

レクサス GS F 10thアニバーサリー

レクサス、と聞くと、
高級車だし。
なんか少し大人っぽい車だし。
自分にはあまり関係のない車。

なんて、思いこんでいる人はいませんか。

レクサスはもちろん高級車ですが、レクサスと一言で言っても、価格はピンキリ、1000万円超えのモデルから、300万円台のモデルもあるんです。

そう言われると、少しレクサスの敷居が低くなったように感じませんか?

レクサスは憧れるけど無理。と初めから決めつけるのはもったいない!

本記事では、ほんのちょっとレクサスに興味を持った人や、レクサス初心者の方でも、レクサスの基本のきがわかるようにレクサスの現行車種の特徴・価格をまとめています。

【改めて知りたい】レクサスとは

レクサスは、世界65カ国で展開されているトヨタ自動車の高級車ブランドです。

1989年にアメリカ合衆国で発売が開始されて以来高級車としての地位を築きあげてきました。 ちなみに日本国内では2005年から販売されています。グローバルブランドスローガンは「EXPERIENCE AMAZING」。

ブランド名称である「レクサス(LEXUS)」の由来は、「ラグジュアリー」と「最先端テクノロジー」を表す造語です。

このLEXUSの頭文字である「L」がエンブレムとして用いられていますので、道を歩いていても、比較的簡単に見分けがつくブランドです。

【早わかり】レクサス現行車種一覧表(名称×ボディタイプ×価格)

レクサス IS

レクサス 現行車種は13車種!車種名からボディタイプが判断可能!?

レクサスの現行車種を表にまとめました。これを見ると、

2018年2月現在、レクサスの現行車種は13(HS・GXは除く)で、ボディタイプは、セダン、クーペ、ハッチバック、SUVというラインアップ。

そして、これは豆知識ですが、レクサスの多くの車種は車種名にボディタイプの頭文字を入れています。
LSは、「Luxury Sedan(ラグジュアリー・セダン)」、LCは「Luxury Coupe(ラグジュアリー・クーぺ)」RXは、「Radiant Crossover(クロス=X)」など。

また、ハイブリッド車は、車種名の後にh(hybrid(ハイブリッド))が、高性能・スポーツタイプは「F(富士スピードウェイの頭文字)」が付けられます。

この法則を知っていると、ほとんどのレクサスの車種は、名称を聞くだけでどんなボディか、どういう車なのか、ということがわかっちゃいます!

   
【レクサス 現行車種&ボディタイプ&価格一覧表】 
名称 ボディタイプ 価格
LS セダン 980万円~
GS セダン 577万円~
GSF セダン 1112万円~
IS セダン 470万円~
HS(2017年12月販売終了) セダン 434万7000円~
LC クーペ 1300万円~
RC クーペ 530万円~
RCF クーペ 982万4000円~
CT ハッチバック 377万円~
LX SUV 1115万円~
RX SUV 497万2000円~
NX SUV 440万円~
ES【NEW】 セダン 580万円~
UX【NEW】 SUV 390万円~
※2018年11月現在のデータになります ※価格は概算です

レクサス 一番手ごろな車種はCT!

レクサスCT

この表を見ると、ハッチバックタイプのレクサスCTが一番お手頃な車種だということがわかりますね。

レクサスを、安い順(ベース価格)で並べると、

CT>UX>HS(2017年12月販売終了)>NX>IS>RX>RC>GS>ES>LS>RCF>GSF>LX>LCという順番になります。

価格帯としては、ハッチバックタイプのCTが最も安く、クーペタイプのLCが一番高価なモデルとなっています。

万が一、「どーーーーーしてもレクサスが欲しい!でもお金がない!でもレクサスじゃなきゃ嫌だ!」という方はCTを、「お金が有り余っていて、レクサスはレクサスでも、一番高いものが欲しい!」という方はLCを、それぞれ検討されることをオススメいたします。

レクサスLC

【2019年保存版】レクサス現行13車種 ベース価格が安い順にご紹介

レクサス CT(シーティー)

レクサス CT200h バージョンL

レクサスブランドのなかでもっともリーズナブルかつコンパクト。

5ドアハッチバックタイプのCTです。2017年の8月にマイナーチェンジが行われ、フロントマスクが刷新されるとともに、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を新たに採用しました。

このCTは、ハイブリッド専用車となっています。価格は377万円から。

レクサス CT200h バージョンL

レクサス CT200h バージョンL

レクサス UX(ユーエックス)【NEW】

レクサス UX

2018年11月27日より発売されたのが、レクサスの最小コンパクトSUV、UXです。

ついに400万円以下でレクサスのSUVが購入できる時代が来た…と驚いた方もいるのではないでしょうか。

UXは「クリエイティブ・アーバン・エクスプローラー」をコンセプトに、新たなライフスタイルを探求するきっかけ「CUE」となることを目指した都会派コンパクトクロスオーバーです。

LX、RX、NX、そして今回のUXと、レクサスのSUVラインアップが拡充され、より一人一人のライフスタイルに合わせた車選びが楽しめそうですね。

価格は390万円から。

レクサス UX

レクサス UX

レクサス NX(エヌエックス)

レクサスNX

レクサス『NX』は2014年のラインナップ以降、レクサスのグローバルな販売を牽引してきたプレミアムSUVの中核モデルと言えます。2017年にマイナーチェンジを行いました。

2018年上半期(1~6月)の欧州新車販売実績では、レクサス全体の約4割がNXだったという結果からも、日本のみならず海外でも人気が高いことがわかりますね。

価格は440万円から。

レクサスNX

レクサスNX

レクサス IS(アイエス)

レクサスIS

レクサスISは、レクサスセダンの中でも一番手ごろなセダンです。

2017年の10月に、仕様が変更され、2.0Lターボエンジン搭載車の名称を「IS200t」から「IS300」に。

現行モデルは、IS350、IS300h、IS300があります。また、2007年~2014年まで設定され販売されていた高性能モデル「IS F」が復活の兆しを見せており、期待が高まっています。

お値段は470万円からですが、2019年にIS新型が発売予定ですので、少しでもお安く現行車を購入したい方は、2019年まで待つことをオススメします。

レクサス IS350 バージョンL

レクサス IS350 バージョンL

レクサス RX(アールエックス)

レクサス RX450hL

RXは、「高級セダンの乗り心地と快適性を兼ね備えたSUV」として開発されました。初代と2代目は国内に限り、トヨタのハリアーとして発売されました。

3列シート・7人乗りのロングバージョンである「RX350L」、ハイブリッドモデルの「RX450hL」が2017年に投入されています。

価格は497万2000円から。

レクサス RX450hL

レクサス RX450hL

レクサス RC(アールシー)

レクサスRC300h

RCは、レクサスISをベースにした高級2ドアスポーツクーペです。

スポーティーな一方、乗り心地も忘れない一台です。まさに実用的なクーペだと言えますね。

価格は530万円から。このRCから、エントリーモデルの価格が500万円を超えてきます。

改良新型RCも控えており、早ければ10月に行われるパリモーターショー2018で披露されるのではないかと言われています。

レクサスRC300h

レクサスRC300h

レクサス GS(ジーエス)

レクサスGS450h

レクサスGSとは、レクサスのセダンラインナップの中でISよりも大きく、LSよりも小さい中間にあたるセダンです。

中間とはいえ、サイズ感は実際に見ると大きく、Eセグメントのくくりになります。

快適な室内空間はもちろんですが、「GS(Grandtouring Sedan)」という車名の通り、スポーティー感覚を売りにした、グランドツーリングセダンと言われています。

高性能モデルのGS Fも販売されています。価格は577万円から。

レクサス GS200t バージョンL

レクサス ES(イーエス)【NEW】

レクサス ES

満を持して2018年の10月24日より、日本初投入された、レクサスのコアモデル、レクサスES。

ESはこれまでの歴史の中で、静粛性、乗り心地、室内空間の広さなど上質な快適性を高く評価されており、レクサスならではの精巧なものづくりで信頼を得てきたモデルです。

ESはグローバル展開車ということもあり、パワートレインも国によって様々ですが、日本はハイブリッドのみの展開になります。

ESは、量産車として世界で初めてデジタルアウターミラーを採用している点も押さえておきたいですね。

価格は580万円から。

レクサス ES300h

レクサス ES300h

レクサス LS(エルエス)

関連する投稿


【シカゴモーターショー2019】レクサスのSUV NXにブラックライン登場!

【シカゴモーターショー2019】レクサスのSUV NXにブラックライン登場!

シカゴモーターショー2019にて、レクサスはSUVモデルであるNXの特別モデル・スポーティーな「ブラックライン」を発表するとしています。いったいどんな姿を見せてくれるのでしょう。また、改めてNXについてもまとめています。


レクサスの最小SUV新型車「UX」の販売は好調?受注台数や現在の納期は?

レクサスの最小SUV新型車「UX」の販売は好調?受注台数や現在の納期は?

レクサス期待の新型車の最小SUVモデル「UX」の初期受注の販売状況を発表しました。月販目標台数は900台となっていますが、2018年11月27日の発売から1カ月の2018年12月25日時点での受注状況はどれくらいだったでしょうか?詳しく紹介します。


【デトロイトモーターショー2019】レクサスLCコンバーチブルコンセプト発表ほか

【デトロイトモーターショー2019】レクサスLCコンバーチブルコンセプト発表ほか

デトロイトモーターショー2019にて、レクサスはレクサスLCコンバーチブルコンセプトを初公開しました。また、マイナーチェンジを施したレクサスRCFも世界初公開されます。レクサスが出展している出展車の情報をまとめています。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【1月9日更新】


【復活】レクサスISにFが登場!発売は2022年!?最新情報まとめ

【復活】レクサスISにFが登場!発売は2022年!?最新情報まとめ

レクサスのミドルクラス4ドアサルーン、『IS』次期型に関する情報を欧州エージェントから入手しました。また、加えて、かつて設定されていた最強モデル『IS F』が復活する可能性が高いことも明らかになっています。気になる最新情報をお届けいたします!


最新の投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。