目次へ戻る

【2018年最新版】軽自動車おすすめ10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【2018年最新版】軽自動車おすすめ10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、およそ3割の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報を随時更新し掲載しています。


2011年9月に発売された初代のミライースは、軽自動車としては当時初めて、燃費を30km/Lに乗せ、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)ではない「第3のエコカー」としての訴求をしてきました。

環境性能や経済性能などを徹底追求した同社の技術群の呼称「e:S(イース)テクノロジー」を車名に宿したモデルです。

都内の発表会で三井正則社長は新型車について「ダイハツのアイデンティティを凝縮したのがミライース。第3のエコカーを進化させた"新みんなのエコカー"として開発した」とアピールした。

新型ミライースもプレオプラスと同様の軽量化等が施されているため、実燃費が向上する可能性が高く安全性能も向上しています。ダイハツ、スバルどちらを選ぶかはお好みで。というところでしょうか。

■ダイハツ新型ミライースの詳細はこちらから

ダイハツの軽 ミライース新型 基本情報 燃費 評価・評判 価格・中古価格

https://matome.response.jp/articles/921

フルモデルチェンジをしたダイハツ ミライースの詳細についてはこちらからご覧下さい。

先代(初代)のダイハツ「ミライース」詳細情報を確認したい方は下記の記事をご覧下さい。

■ダイハツ ミライース(先代モデル)のユーザー評価

先代モデルのダイハツ「ミライース」の評価をまとめます。やはり燃費に関しての評価は相当高いようで他車種と比べても高評価が目立ちます。

乗り換えて4か月目に入ります。
気温が上がるにつれ、順調に燃費が伸びています。
30度近くの真夏日で、どこまで伸びるやら。
現時点で満タン法(同じGSの同じスタンドNO)で32K/Lを超えてきました。
27~8度の気温で名古屋~岐阜の高速のみであれば、楽に40K/Lを超えてきます。
マイナーチェンジ前(2014年3月末登録)の中古車でこれですので、新しいミライースが出たら乗り換えてみたい気がしますね。

この前の日・月(5/24~25)仕事休みでしたので、友人訪ねて淡路市まで行ってきました。
往復距離900km(北陸道~米原JCT~名神高速)で平均巡航速度100km
にて走行、エアコンも100%使用でした。
上り下りの道ではスロコンのスポーツモード(spo3)を利用して高速走行(最高120km/h)していましたので、25km/lを割ってしまうかなと思っていましたが なんとか燃費は28km/lで終えることができました。
スロコンとエコチューンのおかげです。スゴイ!!

年間20万円ほどの節約につながったという声も。

ガソリン高騰に伴い、往復約100kmの通勤でのガス代が家計を苦しめているなかで、前車の査定額でおつりがくる中古のミライースを購入しました。人生初であるこの軽自動車は、これまで乗ってきた弄ったインテグラや180SX、ノーマルのBMW3シリーズやマツダ・ロードスターと比べるとギブスをしながら運転しているようなストレスに見舞われ、さらに純正シートから腰痛が発症し、我慢との戦いでした。しかし、RECAROシートを入れてからは楽になり、同時に軽い車重がもたらす軽快な乗り味にも好感を持つようになりました。1年で23,000kmほど乗ったときに計算しましたが、ガス代と税金や保険で年間20万円以上で月1.6万円以上の節約ができていることを知り、見事に家計の危機を救ってくれました。これまでのところ平均燃費は26.2km/L…ノントラブルでもうすぐ7万km突破予定です。

■ダイハツ 新型ミライース 新車価格

ダイハツ新型ミライースの新車価格は84万2400円から133万9200円となっています。グレード別の金額は下記となります。※()内は北海道地区においてのメーカー小売価格

B:842,400円(858,600円) 4WD:972,000円(同額)
B “SA Ⅲ”:907,200円(923,400円) 4WD:1,036,800円(同額)
L:874,800円(891,000円) 4WD:1,004,400円(同額)
L “SA Ⅲ”:939,600円(955,800円) 4WD:1,069,200円(同額)
X “SA Ⅲ”:1,080,000円(1,096,200円) 4WD:1,209,600円(同額)
G “SA Ⅲ”:1,209,600円(1,225,800円) 4WD:1,339,200円(同額)
※価格は全て税込で表示

ダイハツ新型ミライース 公式サイトはこちら

■ダイハツ 新型ミライース 中古車平均価格

こちらも発表されたばかりの新型となるため、先代(初代)の中古車平均価格を記載します。ミライースの中古車の価格帯は20万円~120万円前後。未仕様車や特別仕様車の場合はもちろんですが価格が高額になります。

スバルのプレオプラスに比べ、販売台数が多いため比較的新しい2016年登録の中古車でも60~70万円台で購入できることも多いようです。

ダイハツ ミライース 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/DA/S065/

ダイハツ ミライースの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ミライースの中古車情報はこちらから。

燃費のことを最優先として考える場合は、「マツダ キャロル」「スズキ アルト」「スバル プレオプラス」「ダイハツ ミライース」が、おすすめと言えるでしょう。軽自動車の購入をお考えの方の参考になれば幸いです。

【おすすめの軽自動車】広さ・実用性・使い勝手で選ぶなら?

続いては、広さ・実用性・使い勝手という観点からおすすめの軽自動車を紹介していきます。軽自動車のイメージのひとつとして「狭い・小さい」というイメージをどうしても持ってしまう方もいらっしゃるんではないでしょうか。「いくら維持費が安い、燃費がいいといっても狭い車はちょっと・・・」と、特にファミリーの方なら思うかもしれません。

しかし、ここ数年の軽自動車の進歩は目覚しく、「ハイトワゴン」「スーパーハイトワゴン」といったタイプの軽自動車が各メーカーから多く登場し人気を博しています。

大人が乗ってもここまで広々。

お子様がいらっしゃるファミリー層であれば特に気になる「広さ」という要素。そして使い勝手などの観点からおすすめできる軽自動車の概要・特徴をユーザーの声と共にご3台紹介していきます。

トールワゴン・ハイトワゴンの軽自動車売上ランキングTOP 10!

トールワゴン、ハイトワゴン、スーパーハイトワゴンのみでの売上ランキングになります。広い軽自動車をお探しの方はこちらの記事をご覧下さい。

広い軽自動車といえば!トール・ハイトワゴン 売上ランキングTOP10!

https://matome.response.jp/articles/703

ハイトワゴン、スーパーハイトワゴンをお探しの方はこちらの記事をご覧下さい。

広さで選ぶならこの軽で間違いなし?ホンダ N-BOX!

まず紹介するのは、ホンダN-BOXです。もはや「広い軽自動車」の代名詞とも呼べるN-BOX。非常に人気の高い軽自動車となっていて、2017年8月4日に全国軽自動車協会連合会が発表した、2017年7月の軽四輪車通称名別新車販売台数も、ホンダ N-BOXが1位となっていて、17ヶ月もの期間連続でトップという記録を保持している車です。

4月の軽四輪車通称名別新車販売台数 ニュース記事はこちら。

ホンダN-BOXは2011年に登場したスーパーハイトワゴンで、その特徴はなんと言っても「広さ」という点において他ならないでしょう。

また、2017年9月にはフルモデルチェンジを行い、発売前の8月30日時点で既に事前受注が2万5000台に達するという驚異的な人気を見せる軽自動車です。

画像を見ていただいてもわかるとおり、かなりの広さ。新型N-BOXの社内空間、ラゲッジルームの広さは下記の通りとなります。

室内長×室内幅×室内高(mm)
2,240×1,350×1,400

苛室空間に関しては、後席収納時の苛室長は153.5cm(1535mm)、通常時44~63cm、開口高120.5cmという大容量となっています。

新型となったN-BOXの燃費に関しては、カタログ掲載燃費(JC08モード燃費)25.6~27.0km/Lと、i-VTECエンジンの場合は先代モデルに比べ燃費も良くなっています。

参考値として、先代モデルの実燃費は平均で15.37km/L。燃費の良い軽自動車と比べた場合は劣りますが、やはりこれだけの広さを誇っているとユーザー(所有者)からの評価も非常に高いようです。

キャンプ道具を積んで海に山に(ほぼ山ですが)走り回ってます。シートを倒せば大人2人が就寝できるスペースが出来るので、アウトドア派の私にとってまさにぴったりの車です。

また、自転車も楽に積めるようです。

娘の通勤用ママチャリパンクした時、何の苦労もなく積めました。後ろの席は乗用というより荷室と考えればすごく使い勝手の良い車です。
燃費はガマンの運転で結構伸びるがターボを多用するとガクンと落ちる。
息子のライフのほうがエンジン音やドアの閉まり音等、1ランク上の上品さがあり負けているのが残念!ピュアサウンドブースを施工すれば良くなるのかな?

■ホンダN-BOX 新車価格

ホンダ新型N-BOXの主要グレードの新車価格は1,385,640円~1,880,280円となっています。各グレード毎の新車価格は下記の通りとなり、全モデルにホンダセンシングが標準装備されているため、先代モデルに比べると若干価格が上がっています。

G:1,385,640円 4WD:1,516,320円
G・L:1,499,040円 4WD:1,629,720円
G・EX:1,596,240円 4WD:1,726,920円
G・Lターボ:1,695,600円 4WD:1,826,280円
G・EXターボ:1,749,600円 4WD:1,880,280円
※価格は全て税込みで表示
※参考価格、先代モデルは1,198,000円~1,600,000円

ホンダN-BOXの公式ページはこちらから。

■ホンダN-BOX 中古車平均価格

ホンダN-BOXの中古車平均価格の相場は、N-BOXが50万~200万円(※N-BOXカスタムの価格含む)となっています。一番多い中古車の価格帯としては80万円~120万円となっていますので中古車としてN-BOXをお探しの場合は目安としてお考え下さい。

ホンダ N BOX 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/HO/S094/

ホンダ N BOXの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ホンダN-BOXの中古車情報はこちらから。

子育て世代&ママに絶大な人気!ダイハツ タント!

続いての広さで選ぶおすすめの軽自動車はダイハツのタントです。ホンダN-BOXと比べ、2003年に初代タントが登場しているので、認知度で言うと高いかもしれません。また、人気も高く2017年7月の軽四輪車通称名別新車販売台数においても、N-BOX、デイズに次ぎ3位となっています。

ダイハツ「タント」もホンダN-BOXと同様のスーパーハイトワゴンで社内空間の広さは群を抜いています。

タントの社内空間、ラゲッジルームの容量、広さは下記の通りです。

室内長×室内幅×室内高(mm)
2200 × 1350 × 1365
ラゲッジルームの 高さ×奥行き×幅(mm)
1045 × 1380 × 870

燃費に関しては、カタログ掲載燃費(JC08モード燃費)で24.6~28.0km/L、実燃費の平均は15.99km/Lとなっています。N-BOXと比較すると若干ではあるものの燃費の観点では分があるようです。また、実燃費はどうしても走り方によって左右されてしまうので、実燃費18.0km/L前後で走れたり、高速道路での運転であれば20.0km/Lをキープすることも珍しくありません。

下記はユーザー(所有者)の実際の声となっています。タントは子育て世代のファミリー層や、女性に特に人気の車種ですが、男性からの評価も高いものとなっています。

セレナからの乗り換え。
前のセレナがリッター8キロしか走らない車だったので、リッター18キロは御の字。視線が高いので普通車ワンボックスからの乗り換えでもそれほど違和感がありません。センターメーターのインパネも見やすいです。

3人家族ですが、以前はミニバンに乗っていました。
私は身長が180cmあるので軽は狭いかと思っていましたが、タントは頭上も広々していて良いです。燃費も街乗りで15km以上走りますし、軽に変えて良かったです。

ダイハツ「タント」新車価格

ダイハツ「タント」の価格は122万0400円から187万3800円となっています。新車価格はグレード毎に異なっており、グレード毎の価格は下記になります。

L:1,220,400円 4WD:1,350,000円
L “SA Ⅲ”:1,285,200円 4WD:1,414,800円
X:1,355,400円 4WD:1,479,600円
X “SA Ⅲ”:1,420,200円 4WD:1,544,400円
X “ホワイトアクセントSA Ⅲ”:1,485,000円 4WD:1,609,200円
Xターボ “SA Ⅲ”:1,501,200円 4WD:1,625,400円
※価格は税込みで表示しております。

ダイハツ「タント」公式サイトはこちらから。

ダイハツ「タント」中古車平均価格

現行モデルのダイハツ「タント」の中古車平均価格の相場は、60万~180万円となっています。一番多い中古車の価格帯としては100万円~150万円となっていますので中古車としてタントをお探しの場合は目安としてお考え下さい。また、先代モデルのタントの中古車であれば、価格は10万20万円台でも販売されていますが、その場合は走行距離も大きく差があり、燃費も大幅に変わってしまうので検討の際はご注意下さい。

ダイハツ タント 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/DA/S006/

ダイハツ タントの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ダイハツ「タント」の中古車情報はこちらからご確認下さい。

広さは劣るが使い勝手はバツグン?スズキ「ワゴンR」!

関連する投稿


三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱の電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』が一部改良されて発売されました。 驚いたのが軽自動車から小型車(登録車)へ変更されて発売されたことです。何故、税金面でも不利になる登録車へわざわざ変更されたのでしょうか?不思議に感じたので調べてみました。


これはカワイイ!ホンダN-BOX純正アクセサリーにバーバパパ登場!

これはカワイイ!ホンダN-BOX純正アクセサリーにバーバパパ登場!

ホンダアクセスは、主に女性ドライバーに向けてトータルコーディネートを提案するコレクションの第5弾「バーバパパ コレクション」を5月31日より全国のホンダカーズから発売すると発表しました。画像を見てしまったら、バーバパパコレクションを思わず大人買いしてしまうかも!?


【売れ筋ミニバン分析】2018ミニバン販売台数ランキングトップ10!

【売れ筋ミニバン分析】2018ミニバン販売台数ランキングトップ10!

ミニバンの売れ筋はどのクルマ?自販連発表の登録台数ランキングを元にミニバンの販売台数ランキングを作ってみました。各順位をコメントつきで分析してみましたのでご覧ください。


2018年3月の軽自動車販売ランキング分析!決算月のN-BOXやライバル車の動向は?

2018年3月の軽自動車販売ランキング分析!決算月のN-BOXやライバル車の動向は?

2018年3月の軽自動車新車販売ランキングの速報値が発表されました。3月は決算月なので一年で一番販売台数の多い月で各社販売に一番力の入る月です。新型スペーシアは前月より売上を伸ばすのか?ホンダ N-BOXの販売台数は?ベスト15のランキングを元に紹介します。


2018年春 車を買うならおすすめはこの5台!【ボディタイプ別・国産車編】

2018年春 車を買うならおすすめはこの5台!【ボディタイプ別・国産車編】

4月に入り2018年度が始まりました。この春、新しく車を購入・買い替えを検討されている方向けにまずは国産車から筆者おすすめの5台をご紹介します。ボディタイプ別に、軽自動車、コンパクトカー、ミニバン、セダン、SUVについてそれぞれおすすめの1台をピックアップして紹介します。


最新の投稿


三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱の電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』が一部改良されて発売されました。 驚いたのが軽自動車から小型車(登録車)へ変更されて発売されたことです。何故、税金面でも不利になる登録車へわざわざ変更されたのでしょうか?不思議に感じたので調べてみました。


これはカワイイ!ホンダN-BOX純正アクセサリーにバーバパパ登場!

これはカワイイ!ホンダN-BOX純正アクセサリーにバーバパパ登場!

ホンダアクセスは、主に女性ドライバーに向けてトータルコーディネートを提案するコレクションの第5弾「バーバパパ コレクション」を5月31日より全国のホンダカーズから発売すると発表しました。画像を見てしまったら、バーバパパコレクションを思わず大人買いしてしまうかも!?


【知っておきたい】ガソリンの種類。レギュラーとハイオク、軽油の違いは?

【知っておきたい】ガソリンの種類。レギュラーとハイオク、軽油の違いは?

本記事では車の燃料であるガソリン種類、レギュラー・ハイオク、ディーゼル車の燃料である軽油の違いについてを説明しています。合わせてガソリン車に軽油を入れてしまう、ディーゼル車にガソリンを入れてしまうなど、指定されている燃料以外の燃料を入れてしまった場合、どうなるのかについても紹介しています。


日産 セレナe-POWERを買うべき5つの理由

日産 セレナe-POWERを買うべき5つの理由

セレナe-POWERの人気が沸騰中です。販売台数において、ミニバントップの座を死守し続けるセレナは、e-POWERを投入してからは、さらに独走状態に入っています。そこで、今なぜセレナe-POWERを買うのか?その理由を5つにまとめてみました。これを読めば貴方もセレナe-POWERを買いたくなるでしょう!


【速報】あのNシリーズに新モデル!ホンダの軽バン N-VAN新型2018年夏登場!

【速報】あのNシリーズに新モデル!ホンダの軽バン N-VAN新型2018年夏登場!

ホンダが、今夏に発表を予定している軽バン「N-VAN(エヌ バン)」に関する情報を4月20日本日、Hondaホームページで先行公開されました。今わかっている最新情報をお届けいたします!!